ものづくり

ニコンの「ものづくり」は、ニコングループ全社視点で生産体制を最適化するとともに、製品の開発・設計段階からものづくりの各プロセスを考慮しています。具体的には、調達、製造、品質保証を含めた、生産性を向上させるための取り組みを推進しています。さらに、ますます多様化するお客さまのニーズに的確にお応えし、製品を通じてお客さまの毎日の豊かさや便利さ、確かさのお手伝いができるよう、進化し続けています。

ものづくり体制

ニコンは、グループ全体で光学部品の生産技術向上を図ると同時に効率を高めた生産体制の構築を進めており、ものづくり体制の強化を目指しています。ニコンの製品は、光学ユニットやステージユニット、さらにさまざまな機能ユニットによって構成されています。中でも、ニコン製品の優位性の中核を担う光学ユニットについては、製品ごとに保有していた開発・設計、生産設備、人員、AI やIoT を含む技術等を共有化し、栃木ニコンに集約。より効率的なものづくりを推進し、グループ全体で生産性を高めています。

QCD 向上への取り組み

海外にも展開するニコンのものづくりは、世界中どこでつくっても「ニコン品質」である必要があります。共通の品質マネジメントシステムと生産技術を導入・強化することで、どの生産拠点で作っても高いレベルの品質でものづくりを行う世界同一品質を実現しています。また、品質(Quality)だけでなく、価格(Cost)、納期(Delivery)についてもお客さまのニーズに的確にお応えするため、開発・設計、調達、製造、品質など、さまざまな観点から改善活動を進めています。

フロントローディングの推進

ニコンでは、デジタルカメラや交換レンズ等を日本国内だけではなく、海外の工場でも量産しています。どの工場で生産する場合でも、開発の段階から生産現場を交えたチームを結成し、意見交換を重ねています。また、コンピュータによるシミュレーションを活用することで開発期間を短縮し、課題を早期に洗い出して対策することで、製造の最適化を実施しています。

品質管理体制の強化

品質マネジメントシステムについては、その方針を「品質基本方針」として定め、これを実践するために「品質管理指針」を策定し、ニコングループで共有しています。また、最適なものづくりを実現するため、品質マネジメントシステムを強化し、品質問題の未然防止を図り、どの生産拠点で製造しても「Made by Nikon」の世界同一品質を実現しています。

海外生産拠点でも世界同一品質を実現
入念な完成品の最終チェック