ニコンのCSR

ニコングループの社会的責任(CSR)は、企業理念である「信頼と創造」を事業活動の中で具現化し、社会の持続可能(サステナブル)な発展に貢献していくことです。

CSR重点課題

ニコングループが選定したCSR重点課題は、「事業を通じた社会への貢献」の領域では「光利用技術等による社会課題の解決」「イノベーションへの挑戦」「製品・サービスの品質向上」、「環境問題への対応」の領域では「脱炭素化の推進」「資源循環の推進」「健康と安全への配慮」、「CSRの基盤強化」の領域では「サプライチェーンの強化」「人権の尊重」「多様な従業員の活躍推進」「コンプライアンス体制の強化」「実効あるガバナンス」の3領域11課題です。

ニコングループでは、CSRへの取り組みを効率的かつ着実に進めるため、CSR重点課題を選定しています。また、その課題ごとに、目標を策定し、グループ全体のCSR活動を管理・推進しています。

ニコングループが選定したCSR重点課題は、3領域11課題です。特に「事業を通じた社会への貢献」の領域では、経営ビジョンに込められた、光の可能性に挑み、光で未来を変えるというニコングループの決意を、CSR活動にも反映していくことをめざします。

関連するSDGs

ニコングループは、CSR重点課題とSDGs(持続可能な開発目標)を結びつけ、CSRへの取り組みを通じてSDGsとそのターゲットへの貢献をめざします。

グローバルなCSR推進体制

グローバルなCSR推進体制

ニコングループでは、文化や習慣、言語など、それぞれの地域特性を考慮しつつ、一貫性のあるサステナビリティに取り組むことをめざしています。その実現に向け、ニコングループが事業を展開する地域を、日本を除く5つに分け、各地域にグループ会社社長などをメンバーとするCSR委員会と、各社のCSRコーディネーターをメンバーとするCSR連絡会を設置しています。

ニコン行動規範

ニコングループでは、CSRの基本姿勢と、それに基づき従業員が日常業務においてとるべき行動の基準を「ニコン行動規範」として定めています。

ニコン行動規範

国際的なイニシアティブへの参画

ニコングループでは、国際的なイニシアティブと連携することで、自社グループの取り組みの効率化、およびその効果の最大化を図っています。ニコンは、2007年に国連グローバル・コンパクト(UNGC)に署名し、人権、労働、環境、腐敗防止に関する10原則を尊重しています。さらに、2018年5月、ニコングループおよびサプライチェーンにおけるCSRの水準向上を目的に、RBA(Responsible Business Alliance)に加入しました。

国連グローバル・コンパクト

サステナビリティ報告書

詳しくはサステナビリティ報告書をご覧ください。

社外からの評価

ニコングループは、CSR活動を積極的に推進している企業として、さまざまな外部機関より高く評価されています。