サプライチェーンの強化

関連するSDGs

8 働きがいも経済成長も 12 つくる責任つかう責任

重要と考える理由

製品の原材料・部品の調達、製造、物流、在庫管理、販売、使用、廃棄に至るまでの「サプライチェーン」の中で、特に原材料調達や二次・三次調達先において、人権侵害や劣悪な労働環境、環境破壊、紛争鉱物といった問題が発生し、世界的な課題として認識されています。企業は持続可能な調達をめざし、自社やグループ会社の調達先はもとより、サプライチェーン全体までマネジメントの範囲を広げ、社会課題の解決に寄与していくことが求められています。

コミットメント

ニコングループでは、かねてより、成長基盤構築のため、「調達改革」としてサプライチェーン最適化を進めています。新型コロナウイルス感染症の影響は、ニコングループの調達活動に大きな影響を与え、また社会に目を向けると、貧困を背景とした人権や労働にかかわる問題が深刻化し、サプライチェーンマネジメントにおいて、より一層の注意が必要となっています。社会環境の変化が加速するいま、ニコン・調達パートナー間のビジネス関係の深化と、調達力の強化を図ることが一層重要です。最適化した強固な調達基盤のもと、調達パートナーとの協働と対話を通じてCSR調達を進め、紛争鉱物などの社会的課題の解決をめざすことにより、持続可能な社会づくりに貢献していきます。

執行役員 生産本部長 サプライチェーン部会長 石塚 伸之

2020年3月期の主な取り組み・成果

調達情報の一元管理によるマネジメント強化

図

ニコングループは、日々変化するビジネス環境に迅速かつ確実に対応していくために、適切な調達体制を構築してサプライチェーンの最適化を図ることが重要と認識しています。そのためには、グループ全体の調達情報を一元管理できるデータベースの構築が必須です。
2020年3月期には、ニコングループの調達情報基盤となるクラウドシステムを立ち上げ、アジアの調達パートナー情報の収集を終え、運用を開始しました。2021年3月期は、欧州の調達パートナーへ管理スコープを広げていく予定です。
また、事業継続計画(BCP)機能を使い、2次以降の調達先情報の収集・管理・運用も開始し、サプライチェーンのマネジメント強化を図っていきます。


調達パートナーのCSRリスク是正

重要な調達パートナーにおける高リスクな調達パートナーの割合

図

「ニコンCSR調達基準」を設け、ニコングループの調達パートナーに対し、その先の調達先を含めて責任ある行動を促すよう要請しています。また、実状を確認し、CSRリスクを低減するため、取引高上位80%を占める調達パートナーにセルフチェック形式のCSR調査を実施。その分析結果から、CSR監査や是正支援を行っています。
2020年3月末現在、重要な調達パートナーにおける高リスクな調達パートナーの割合は20%から11%に減少しました。

サステナビリティ報告書

詳しくはサステナビリティ報告書をご覧ください。

責任ある鉱物調達

関連情報