タイの「子供の森」計画への支援

写真提供:公益財団法人オイスカ

ニコンは、公益財団法人オイスカの「子供の森」計画のタイにおける活動を2012年より継続して支援してきました。この計画は、子どもたちへの環境啓発と植林活動を通じ、地球の緑化をめざした世界的な活動です。本計画においては、森林涵養機能強化が求められるタイ北部地域を中心に、地域住民や子どもたちの森林保全意識醸成と学校周辺の植林活動が行われています。
また、2015年より、タイ北部メーパックレ村をモデル地域とした植林活動が進められています。2018年3月期までに、地域住民や子どもたちにより、6.5haに約8,100本の植林が行われました。

ニコンの支援

2012年6月、ニコンは「子供の森」計画のタイでの活動への支援を決定し、以後、毎年この活動の支援のための寄付を行っています。2012年、2013年にはタイ北部・チェンライやチェンコンを視察訪問し、子どもたちや地域の方々とともに、植林活動を行いました。また、タイ「子供の森」計画への支援をきっかけに2012年8月にNikon (Thailand) Co., Ltd.の従業員が地元アユタヤのトンプゥ小学校で記念植樹や有機野菜のランチを届ける活動を行いました。

ニコンも参加したチェンライの学校での植樹活動(2013年6月)
写真提供:公益財団法人オイスカ
アユタヤのトンプゥ小学校での記念植樹(2012年7月)