子どもたちが将来を描くために

2019年3月期の主な取り組み・成果

ニコングループの就学応援で学校に通えた子どもたち

図

ニコングループは、自社製品にかかわりのある地域を中心に、経済的に厳しい子どもたちの就学支援に取り組んでいます。
学校に通うことで子どもたちが将来を描くきっかけとなることを願い、こうした取り組みを続けていきます。

ニコン、Nikon (Thailand) Co., Ltd.(タイ)、Nikon Lao Co., Ltd.(ラオス)の3社では、国際教育NGOを通じタイとラオスで奨学金を支給しています。タイでは、2019年3月期に中・高校生と大学生173名に奨学金を支給し、12年間の支給人数はのべ1,916名となりました。ラオスでは、毎年100名の中学生に奨学金を支給しており、5年間での支給人数はのべ500名となりました。またニコングループとして国連WFPの学校給食プログラムを支援しており、2019年3月期は学校給食33,566食分に相当する1,006,983円を寄付しました。

4 質の高い教育をみんなに 1 貧困をなくそう 2 飢餓をゼロに
タイの奨学金は公益社団法人シャンティ国際ボランティア会、タイのシーカー・アジア財団を通じて支給。毎年、現地を訪問して奨学生たちを激励している。
タイの奨学金は公益社団法人シャンティ国際ボランティア会、タイのシーカー・アジア財団を通じて支給。毎年、現地を訪問して奨学生たちを激励している。
ラオスの奨学金は公益財団法人民際センター、ラオスのNGOのEDF‐Laoを通じて支給。ニコンによる現地視察のときには、奨学生の家庭訪問を実施。
ラオスの奨学金は公益財団法人民際センター、ラオスのNGOのEDF‐Laoを通じて支給。ニコンによる現地視察のときには、奨学生の家庭訪問を実施。
毎年、特定非営利活動法人国連WFP協会のチャリティ・イベント「ウォーク・ザ・ワールド」に国内ニコングループの従業員が参加しており、2018年5月のイベントでは230名が参加。
毎年、特定非営利活動法人国連WFP協会のチャリティ・イベント「ウォーク・ザ・ワールド」に国内ニコングループの従業員が参加しており、2018年5月のイベントでは230名が参加。

Pickup ‐ 国連WFP「学校給食プログラム」

ニコングループは、国連WFP「学校給食プログラム」を支援しています。国連WFPの学校給食プログラムは、子どもたちの栄養状態や健康が改善されるだけでなく、出席率や成績向上にもつながるといわれています。ニコンは、2013年から毎年、特定非営利活動法人国連WFP協会主催のチャリティ・イベント「ウォーク・ザ・ワールド」に参加してきましたが、2017年からはニコングループ全従業員を対象とした社内キャンペーンを立ち上げ、国連WFPの学校給食プログラムの支援を広げました。この社内キャンペーンの寄付金は、国連WFP協会の「レッドカップキャンペーン」を通じ、国連WFPが子どもたちに学校給食を届けるための活動に使われています。今後も、ニコングループはこの支援を通じて子どもたちの学びを応援します。

国連WFP「学校給食プログラム」に対するニコングループの社内キャンペーンの一環として、2019年4月から従業員食堂のあるニコンの全事業所と栃木ニコン、仙台ニコンで定期的に関連メニューの提供を開始。従業員の喫食数にあわせ、ニコンが国連WFPへ寄付。
国連WFP「学校給食プログラム」に対するニコングループの社内キャンペーンの一環として、2019年4月から従業員食堂のあるニコンの全事業所と栃木ニコン、仙台ニコンで定期的に関連メニューの提供を開始。従業員の喫食数にあわせ、ニコンが国連WFPへ寄付。