光利用技術などによる社会課題の解決

関連するSDGs

9 産業と技術革新の基盤をつくろう

重要と考える理由

企業は社会の公器と言われ、透明で公正な活動を通じて社会とともに発展する責任を負っています。さらに近年の企業には、グローバルレベルの社会課題が顕在化する中で、事業を通じてこれらの課題を解決し、持続可能な社会の実現に貢献することが求められています。

ニコンの姿勢

ニコンはこれまで、カメラや露光装置を生み出した「光利用技術」、「精密技術」のコア技術を中心とした技術力で、ニコンならではの価値を提供し、社会の豊かな発展に貢献してきました。環境が大きくそして、加速的に変化する現代において、ニコンは、経営ビジョンである"Unlock the future with the power of light"に込めた「光で未来を変える」という決意のもと、より一層、社会課題の解決につながる新しい価値の提供をめざし、社会に貢献できる領域を広げていきます。

事業による社会への貢献

ニコングループは、経営理念の「信頼と創造」のもと、お客様の期待に応える製品・サービスを生み出すことで社会に新たな価値を「創造」し、「信頼」を築いてきました。そして創立100周年に定めた経営ビジョンには、これからも事業を通じてニコンならではの新たな価値を提供していくという思いが込められています。
この思いを具現化する源となるのが、「光利用技術」と「精密技術」の2つのコア技術を中心としたニコンの技術力です。
歴史を振り返ってみると、ニコンは技術力により信頼性の高いカメラをプロユーザーから一般の方まで幅広い層に提供し、映像文化の発展に貢献してきました。また、半導体露光装置、FPD露光装置を通じて、半導体・FPDなどのデバイスの高精度化・高精細化を実現し、新しい技術・産業の発展に貢献してきました。さらに、高解像度、ライブセルイメージングへの更なる対応をめざす顕微鏡では、1世紀近くサイエンスの発展に貢献してきました。
ニコングループは、強みである技術力を活かして新たな価値を社会に提供し、発展してきました。これからも、この挑戦は続いていきます。ニコンは、2019年5月に発表した中期経営計画の中で長期成長領域として、社会課題やニーズも踏まえて分析・評価し「デジタルマニファクチャリング」、「ビジョンシステム/ロボット」、「ヘルスケア」の3つを掲げました。ニコンはこれらの新領域を含め、事業を通じてものづくりのプロセスを改革し、画像・センシング技術による快適な社会に貢献し、そして人々の健康とクオリティ・オブ・ライフにも貢献する新たな価値提供をめざしていきます。
これらニコンの描く未来は、目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」をはじめとしたSDGsの複数の目標達成や、パリ協定など国際社会の動きにも対応し、社会課題の解決に貢献するものだと考えています。
ニコングループは、社会に価値ある存在であり続けるために、光利用技術、精密技術を活用した製品・サービスにより、さまざまな産業にイノベーションを引き起こし、物心ともに豊かな世界を実現する”精密・光学のリーディングカンパニー”をめざします。

サステナビリティ報告書

詳しくはサステナビリティ報告書をご覧ください。