ニコンだからこそできる
「光」と向き合う。

研究開発本部 光技術研究所

2013年入社

光学技術開発

専攻: 理学部 物理学専攻 2013年入社

  • 技術系
  • 研究開発
  • 研究開発
  • 新卒

ニコンだからこそできる
「光」と向き合う。

光学を重要視しているニコンならではの“光計測”専門部隊

ニコン全体を支える新規光計測の基礎研究・技術開発を担当しています。主に光学担当で、社内全体の光計測を支える専門部隊が私の部署。高付加価値な光計測の研究開発や新規光学素子の開発を行ったりするのはもちろん、他部署が製品を開発する際に「既存の装置では計測できない」と相談を受けたときに測り方や原理を研究したりするのも私たちの仕事です。世の中の課題や社内で抱える課題に対して、自分が持っている光計測の知識・技術をフル活用して解決に導きます。

幼少期から興味のあった「光」で、他者が思いつかない計測システムを考える

光に興味を持ったのは小学生の頃。虹を見て「なぜ虹は色が分かれているのだろう」という疑問を持ったことが光学との出会いでした。そして高校から光に関係する研究を続け大学では理学部に進学。物理学に限らず化学・数学・生物などの授業も受けました。そこで学んだ幅広い視点・知識は、現在の学際的な興味・好奇心にも繋がっています。そして研究室ではグラフェンと呼ばれる物質や水などの液体の光物性に関して研究し、「光」というツールを使って様々な物質の性質を研究していました。当時研究していた「テラヘルツ光」という分野は、現在でも知識だけでなく外部研究者とのコネクションを持っていて業務としてそのまま活かすことができています。

「光学に関わる仕事以外は
したくない」というこだわり

就職活動する際は「光学」に関わる仕事ができる会社しか候補に挙げていませんでした。縁がなければ博士後期課程へ進学する予定で、その時に見つけたのがニコン。ニコンはコア技術が「光」であり、最も光学と関わりの深い会社だったため第一希望として推薦で応募しました。とにかく「光が好き」というところから進学と就職先を決め、現在でも光と向き合っています。

仕事の話でもプライベートの話でも盛り上がる、好奇心旺盛なメンバー

仕事内容はチームではなく個人プレイがほとんどですが、実はとてもにぎやかなのがこの研究所のいいところ。専門性が強く好奇心旺盛な方が多く、自分の仕事以外のことにも突っ込んで雑談や技術議論が活発になるようなアットホームな雰囲気です。若い人から年配の方まで対等な扱いで、業務はもちろんプライベートでも飲みに行ったときに先輩にビールを注ごうとして怒られたことがあるほど。また全社を陰から支える部署である性質上、さまざまな製作所に行く機会があったり、社内に知り合いが増えたりとコミュニケーションも豊かです。

入社後も研究者として
成長し続ける

ニコンは、入社後も研究者としての成長幅が大きい会社です。興味のある研究を自分から提案できる環境があり、私も社内でほとんどされていなかったテラヘルツ分野の研究をしています。0からのチームを立ち上げ、世の中にない手法提案が実現でき、製品化の障壁となっていた課題解決までたどりついたときは本当にやりがいを感じました。外部の研究機関と共同研究した成果を論文投稿や学会発表したりと、研究者としてのキャリア形成にもつながりました。今の目標は、自分の希望で研究を始めたテラヘルツ光研究を社内製品に搭載、もしくはニコンから製品として出せるまで形に持っていきたいと思っています。

1日のスケジュール

09:30

出社

通勤電車の混雑を避けるため、フレックス制度を利用し遅めに出社。メール確認、最新技術調査。部署のTeamsで課員が調べた技術情報を共有する。

10:00

資料作成

午後のプロジェクトミーティングに向けて前日の実験で取得したデータの解析。午後の報告資料作成。

12:00

昼食

普段はコンビニでおにぎり・サンドイッチを購入し、自席で昼食。昼食後、後輩とボルダリング談義。

13:00

チーム内ミーティング

実験進捗の報告や課題解決に向けた技術議論。
最新技術調査(学会・展示会参加報告、論文調査)の情報共有など。

15:00

実験

メール確認後、実験室に籠り実験。ミーティングで議論した内容を踏まえて、改善策検討し実験実施。実験手順の検討・整理を行い効率的なデータ取得を心掛けている。

18:00

デスクワーク

実験のデータ整理、メール確認。

18:30

退社

翌日の予定を確認後退社、趣味のボルダリングジムへ向かう。