リスクや社外との契約を
法律面から見守る

法務・知的財産本部 法務部

2018年入社

法務・知的財産

専攻: 法経学部 法学科 2018年入社

  • 事務系
  • コーポレート
  • 法務・知的財産
  • キャリア

リスクや社外との契約を
法律面から見守る

法律のスペシャリストとしてビジネスに貢献する

法務部では、M&Aやアライアンスに関する国際取引案件や国内・海外の訴訟案件から、知的財産権に関する契約、開発契約、各種の取引契約、秘密保持契約といった契約案件まで、幅広い法務業務に対応しています。また社内でさまざまな部署から寄せられる法律系の相談に応えるのも私たち法務部の仕事です。私は、こうした様々な業務のうち、主に個人情報保護法や独占禁止法に関する相談対応、海外法務チームとの連携強化などを担当しています。

知識だけでなく“コミュニケーション力”を身に付けた学生時代

大学時代は法学科で法律について学びました。当時学んだ民法・商法はもちろん、国際私法や独占禁止法などの科目は、契約審査の場面、取引スキームの検討の際に、実務でも役立っています。また学生時代は飲食店、家庭教師、百貨店やモデルルームの受付などさまざまなアルバイトを経験。言葉づかいや電話対応など、アルバイトを通じて学んだ社会経験は大きな味方になりました。それ以外にも日常的なことですが、学生時代に友人の相談にのったり、相談したりというコミュニケーションによって、「傾聴力」や「話す力」が養われたように思います。

グローバルにビジネスを広げる
会社で、重要性の高い仕事がしたい

私は卒業後に別の企業で法務を担当していていました。転職を決意した時に考えたのが「グローバルにビジネスを展開している会社へ行きたい」「多様な業務に携わることのできる環境で、勉強のしがいがある会社が良い」という点。より大きな事業を行う組織の中でより重要な役割を担ってみたいという思いからニコンへの転職を決意しました。またカメラ市場の縮小という厳しい局面にありながらも、将来の成長を実現するため、常に新たな手を打とうとチャレンジする会社を、法務面から支えていきたいと考えています。

仕事と育児、両立できる環境がある

もうひとつ、転職の際に考えていたのが“フルタイムで働きながらも子育ても充実させられる会社に行きたい”ということでした。というのも当時私は3歳の娘がおり、まさに育児が大変な時期だったため、柔軟な働き方ができる制度を取り入れている会社を希望していました。職場によって、どの程度活用できるかの差はあるかと思いますが、ニコンにはフレックスタイム制度も在宅勤務制度も導入されており、仕事に十分な時間をとりつつ、育児にも対応しやすい環境があります。

情報提供や指摘だけではなく
“事業に貢献”できるビジネス
パーソンに

ニコンの従業員は誠実で、コツコツ前に進むタイプの方が多いと思います。法務に対する質問ひとつも、とても丁寧で真面目な内容が多いですね。そんな中で私は、単にリスク指摘や法令解釈を提供するにとどまらず、法務面から会社や事業のために“いかに貢献できるか”を考え、事業部とともに目的を達成することを目指して業務を行っています。会社組織にいるビジネスパーソンの一人として事業を良い方向に動かせるように、法規制・コンプライアンスの面から積極的な貢献をし続けていきたいですね。

1日のスケジュール

11:00

出社して業務開始

※2時間の時短勤務で朝は遅くスタートメールチェック、その日に完了させたいToDoを確定、所要時間を見積り、何時にやるかを確定する。複雑な案件はできるだけランチ直後に設定。

12:00

ランチ

出社時は、気分転換に一人で外へ。

13:00

資料作成

相談対応のための法令リサーチや対応案の検討。リサーチ結果や対応案をまとめた資料作り。

15:00

会議

理解を深めるためにも、議事メモを取る。

16:00

契約書のレビュー

まとまった時間で集中することで迅速対応を心がける。法改正後の知識のキャッチアップが追い付かず、調べながら対応することも。

18:00

退社

翌日以降のToDoの整理をして退社。
娘の保育園のお迎えへ走る!