特許という視点から、
事業を支える

法務・知的財産本部

2011年入社

知的財産・特許

専攻: 理工学部 精密機械工学科 2011年入社

  • 技術系
  • コーポレート
  • 法務・知的財産
  • キャリア

特許という視点から、
事業を支える

技術部門と共同で発明を生み出し、特許として会社の権利にする

新製品の開発などで生まれる発明を、特許として権利を取得する部署にいます。知的財産部の業務は、理系と文系の両方の要素を併せ持つ必要がある仕事と言えます。技術者とのディスカッションのなかで「この技術は重要!」と気づくためには、技術者の話を理解できるだけの技術力が必要不可欠です。そのため、日々、情報を集めて製品に関する技術力を養うようにしていますね。また、技術の知識だけでなく法律の知識や文章力も必要とされます。”特許”の権利範囲は文章で定められており、その文章次第でどれだけ多くの製品を保護できるかが変わってくるので、特許の権利範囲を決める文章を練り上げることも大切な業務の一つです。

大学での理系授業、精密機械工学の学びをフル活用する現在

学生時代は精密機械工学を専攻し、ロボットビジョンのアルゴリズムの研究をしていました。いまのニコンの成長領域であるビジョン、ロボティクス分野の発明を理解するうえで、学生時代に培った知識がとても役立っています。また、開発部門からは機械、電気、ソフト等の幅広い技術に亘って発明が提案されるので、授業で習った基礎的な知識についても記憶をたどってフル活用しています。

意識の高い技術者と共に作る特許

ニコンに入社する以前は電機メーカーの知的財産部にいました。ある日にたまたまニコン社員である先輩から話を聞く機会があり、モノづくりに真摯に向き合う会社だと聞いて、魅力を感じていました。そんな時に運よく見つけたキャリア採用に応募したことで、ニコン知的財産部の一員になりました。入社前からのイメージ通り技術者の意識が高く、技術者と活発な議論を交わしながら、斬新な発明にワクワクする日々を送っています。

チーム一丸となって特許の裁判に向き合う

もっとも忘れられないのが、入社して3年目に特許の侵害訴訟を任されたことです。企業間では互いに知的財産を尊重することが重要ですが、どうしても互いの思いが相いれないと最終的に裁判になる場合があります。知的財産部や技術部門も含めたチームを編成し、ディスカッションを繰り返して訴訟の戦略を決めていきました。最終的に自分達に有利な結果が出たときはとても嬉しかったです。今はその時の経験をもとに、裁判で勝てる新たな特許の取得を目指しています。

「未来に活きる特許」の取得で
会社に貢献

ニコンの製品はカメラ、露光装置、顕微鏡など多岐に亘っており、知的財産部ではこれらの製品を全て扱っています。様々な分野の新しい技術に触れることができるので、好奇心旺盛な人にはとても魅力的な仕事だと思います。特許は出願してから20年間は有効な権利なので、将来を予測する力も求められます。先々の製品を保護するためにも、将来を予測する力を鍛えて、これからも「未来に活きる特許」を作り出していきたいです。

1日のスケジュール

09:30

出社 メール確認

満員電車を避けて時差出勤

10:00

隣の課と合同ミーティング

開発部門の進捗状況を全員で共有

12:00

ランチ

ランチのあとは、午後に備え短時間の仮眠

13:00

技術部門とのWebミーティング

新たな発明について出願方針を技術者と議論

15:00

本部内ミーティング

重要な出願を知財本部長に報告し、外国に出願する方針を決定する

17:00

進捗状況の管理

メンバーの業務状況を確認し、フォローが必要な業務は個別に相談

19:00

帰宅

最寄りより一つ前の駅で下車して、ウォーキングすることが日課