世の中に必要不可欠な
モノづくりをコーディネート

ヘルスケア事業部

2020年入社

生産戦略・調達

専攻: 経営学部 経営学科 2020年入社

  • 事務系
  • ヘルスケア
  • 生産・品質
  • キャリア

世の中に必要不可欠な
モノづくりをコーディネート

国内外に多数ある協力会社とニコンの架け橋に

生産・技術部 製造管理課で、国内外に多数ある協力会社の進行管理業務をしています。具体的には製品をつくる際に必要な部品や装置を協力会社から調達するのですが、その生産計画や注文書作成、進捗管理などをニコン側として担当。納期トラブルが起きた際は解決策の策定を行います。また、新たな会社と取り引きを始める際には、新規取引契約の締結などにも携わります。国内外を問わず、ニコンの代表としてさまざまな会社とコミュニケーションを取ることが多いですね。

「世界と関わる仕事がしたい」

学生時代は経営学部で“経済地理学”という分野を学んでいました。地域経済の構造や機能を追求する学問で、実際に各地方の自治体や企業の方の協力を得ながら行ったフィールドスタディは今でも印象に残っています。様々な情報から仮説を立てて計画に落とし込み、実際に有効かどうかの検証を行うというスタイルは、現在の業務でも役立っています。そして何よりも自分の将来を左右したのが、学生時代に車で米国縦断をしたこと。「将来は世界と関わりながら仕事がしたい」という価値観になってしまうほど素晴らしい体験でした。自分にできるか不安なことでもフットワーク軽くトライする姿勢は社会人になった今も大切にしています。

世の中に必要不可欠な製品に、広く深く関わる

ニコンに転職する以前は自動車部品やポンプ製品の会社で工程進捗管理をしていました。ニコンに入社を決めたのは、モノづくりの幅広い範囲に深く携わることができるから。受注から出荷まではもちろん、会社の将来を担う新製品の立ち上げまで幅広く関わることのできる環境があります。また世の中に必要不可欠な製品を扱う会社というところも大きな魅力だと思いました。働き方の面では、在宅勤務やフレックス勤務の体制が整っているのもありがたいですね。

“協力会社に納期やクオリティを守ってもらうためにどうすれば良いか”
を考えながら動く

協力会社と仕事をするにあたって大変な点は、納期やクオリティの共通認識だと思います。一番忘れられないのは新製品の試作品を海外の会社に依頼したところ、大幅な納期遅延となる連絡を受けました。難しい仕様のものを要求していたので先方の作業が難航したようですが、製品のリリースを遅らせると、売り上げや販売機会の大きなダメージが。しかしピンチはチャンスと捉えて相手の会社との連携をこれまで以上に密に取り、多方面からブラッシュアップしたことで製品のリリース時期に影響を与えない範囲で納品を行うことができました。新製品の立ち上げはトラブルが付き物ですが、トラブルが起きた原因をしっかりと振り返り、改善策を打ち出すことで乗り越えられると実感した経験でした。

人々の健康や安心を支えている
会社のモノづくり全般に関わる

ニコンの顕微鏡や細胞培養観察装置などは、創薬や医学の発展のために、無くてはならない製品。実際に新薬の研究にも広く使われており、陰ながら人々の健康や安心を支えている会社だと思っています。そんなニコンでモノづくりの開始から出荷まですべてを対応できる人材になるのが今の目標。キャリア入社の私にも積極的に重要な仕事を任せらもらえる環境にいるので、ニコンのものづくりを支えたいと思っています。

1日のスケジュール

08:00

出社 メール確認

海外の取引先から夜の間に来たメールの確認。時差の関係で何十件と来ているメールの中から、緊急度の高い案件を判断し、優先順位を意識して回答をしていく。

09:00

海外サプライヤーとWeb会議

米国、英国、マレーシアと英語で4か国会議。注文納期に問題が無いかの確認を行う。新製品の立上状況も確認し、問題が挙がった際は、解決に向けて調整を行う。

11:00

電話&メール対応

営業から納期状況の確認を受ける。問題がないか確認し、回答する。問い合わせ対応はスムーズに、午前中に集中して回答することを意識。

12:00

昼食

お弁当を持参して同僚や先輩と食べる。付近のおいしいお店の情報交換をして盛り上がることも。

13:00

担当製品の生産計画策定

販売計画を基に、半年分の生産計画を検討。在庫過多はコストリスクとなり、在庫不足は販売機会の損失につながるので、一つ一つの製品の適正在庫を見極めながら、最適な生産計画を策定。

15:00

輸出品対応

他部署が海外現地法人に輸出したい物品の出荷書類を作成。書類に不備があると、通関時にトラブルになるため、念入りに注意を払いながら作成。

16:000

社内ミーティング

新製品の立上状況について、関係部署と社内MTGを行う。

18:00

退社

今日のタスクを漏れなく実施したか振り返り、明日のスケジュールを確認して、退社。早めに帰宅できた時は同僚や学生時代の友人と、Web飲み会を開催。