人事制度

ニコンが目指すのは、企業体質の強化による持続的な企業価値の向上。それは、社員一人ひとりが自らの成長に積極的に取り組み、会社が社員の能力や意欲、個性を十分に引き出す場や機会を提供することによって実現できると私たちは考えています。

株式会社ニコンの人事制度は、職責等級制度、人事評価制度(職責評価、成績評価)、キャリア開発支援の仕組み(プロフィール制度、キャリア・カウンセリング、公募制/FA制、教育研修)、評価の納得性向上の仕組み(目標面接制度、人事評価フィードバック制度)で構成されており、それぞれを有機的に連動させることでその実現を目指しています。

職責等級制度・人事評価制度

職責等級制度・人事評価制度は、担当する職務・役割の水準に応じて職責等級・等級区分を設け、それに応じて、評価、処遇、育成を行う制度です。適性や能力、意欲のある社員には、年齢に捉われず高い役割や目標が与えられ、成果を出した社員をしっかりと評価・処遇することで、一人ひとりの成長と強い企業体質の実現に繋げます。

[図1]

プロフィール制度

年に一度、社員がこれまでの職務経験を振り返り、自身の成長、会社・職場の期待を踏まえて「将来の自分のありたい姿」について考える機会を設けています。今までの経験を生かして、どんな仕事にチャレンジしてみたいのか、また、そのためにどのようなスキルを習得したいのかなど、上司と面談を実施し、今後のキャリアに繋げていきます。

社内人材公募制度(公募制)

新規プロジェクトの立ち上げや事業拡大など、それぞれの部門が新たな人材を必要とした際、社員に対し“求人”を行う制度です。募集職種にチャレンジしたい社員は自ら手を挙げて応募し、面接などの選考を経て、合格となった場合に異動が実現します。

キャリア・マッチング支援制度(FA制)

自らの成長に積極的に取り組む社員が、自身で新たなチャレンジの場を求めて、会社に対し“求職”を行う制度です。新たな職場にチャレンジしたい社員は自らの希望を人事部門に申請し、面接などの選考を経て、希望職場とマッチングが成立した場合に異動が実現します。

キャリア・カウンセリング

社員のキャリア相談窓口として、キャリアに関する事項(スキルアップやキャリア形成、両立支援など)への悩みに対し助言、支援等を行います。