広視界で明るく、使い勝手を向上させたエントリーモデル

ニコン双眼鏡「PROSTAFF P7」を発売

2022年6月8日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]
「PROSTAFF P7 8x30」
[写真]
「PROSTAFF P7 10x42」

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:上村 公人、東京都港区)は、バードウォッチングをはじめとした野外活動に最適な双眼鏡のエントリーモデル「PROSTAFF(プロスタッフ) P7」の4機種を、2022年6月24日より発売します。
2014年に発売した「PROSTAFF 7S」の後継機種で、視界が広く、明るくて臨場感のある見え味と使い勝手の良さが特長の双眼鏡です。

発売概要

商品名 ニコン双眼鏡「PROSTAFF P7」
希望小売価格 「PROSTAFF P7 8x30」 ¥23,100(税別 ¥21,000)
「PROSTAFF P7 10x30」 ¥25,850(税別 ¥23,500)
「PROSTAFF P7 8x42」 ¥28,050(税別 ¥25,500)
「PROSTAFF P7 10x42」 ¥30,250(税別 ¥27,500)
発売日 2022年6月24日予定

日本での予約販売受付は、6月10日10時より開始します。

主な特長

1. 広視界で明るく自然な見え味

「PROSTAFF P7」は、前機種の「PROSTAFF 7S」よりも視界が広い双眼鏡です。「8x30」と「10x42」は、見掛視界60°以上の広視界タイプで、素早く飛び回る野鳥の観察に適しています。また、高反射誘電体多層膜コーティングを採用した補助プリズムと、位相差補正コーティングを施したダハプリズムによって、明るく自然な色調と鮮明な視界が得られます。

2. 汚れに強い撥油・撥水コーティングを新たに採用

対物レンズと接眼レンズに、水や油をはじき、汚れにくい撥油・撥水コーティングを「PROSTAFF」シリーズとしては初めて採用しました。皮脂や指紋がついても、簡単にふき取ることが可能です。

3. 軽量コンパクトで手に馴染みやすいボディー

本体素材にグラスファイバー入りポリカーボネート樹脂を使用し、軽量でコンパクトなボディーを実現。また、手に馴染みやすく、衝撃に強いラバーコートボディーを採用しました。

4. ロック機構付き視度調整リングを新たに採用

使用中に視度調整リングが不意にずれることを防ぐ、ロック機構付き視度調整リングを「PROSTAFF」シリーズとしては初めて搭載。前機種と比べ使い勝手が向上しました。

主な仕様

PROSTAFF P7 8x30 PROSTAFF P7 10x30 PROSTAFF P7 8x42 PROSTAFF P7 10x42
倍率(X) 8 10 8 10
対物レンズ有効径(mm) 30 30 42 42
実視界(°) 8.7 6.6 7.2 7.0
見掛視界(°)※1 62.6 59.9 53.4 62.9
1,000m先の視界(m) 152 115 126 122
ひとみ径(mm) 3.8 3.0 5.3 4.2
明るさ 14.4 9.0 28.1 17.6
アイレリーフ(mm) 15.4 15.4 20.2 15.7
最短合焦距離(m) 2.5 2.5 3.0 3.0
高さ(mm) 125 125 152 150
幅(mm) 130 130 130 130
厚さ(mm) 52 52 55 55
質量(重さ)(g) 485 470 590 600
眼幅調整範囲(mm) 56-72 56-72 56-72 56-72
防水構造 1mの水深に10分間浸かっても影響のない防水設計※2、防曇

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。