デジタル測長機「デジマイクロ」用カウンタ2機種、測定スタンド5機種を一新

2022年5月23日PRESS RELEASE/報道資料

カウンタ「MFC-200」
測定スタンド「MS-12C」
(デジマイクロヘッド「MF-501」に装着時)
カウンタ「TC-200」
測定スタンド「MS-12C」
(デジマイクロヘッド「MF-501」に装着時)

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、デジマイクロヘッド、カウンタ、測定スタンドの3種で構成されるデジタル測長機「デジマイクロ」のカウンタ2機種と、測定スタンドの5機種を一新し、発売します。

「デジマイクロ」は、高精度の光学式リニアエンコーダを内蔵し、リニアスケールの移動に応じてデジタル信号を検出して測定する機器です。小型の精密機器や電子部品などの製造現場において、計測や品質検査などの工程で幅広く使用されています。デジマイクロヘッドで部品の厚み、段差を測定し、測定したデータをカウンタで表示します。

測定したデータをパソコンで集計・分析するニーズに対し、今回、パソコンの親和性をさらに高めたカウンタ「MFC-200」、「TC-200」を発売します。「MFC-200」は、最小読取値0.1マイクロメートルで、ヘッド装着タイプの一軸カウンタです。「TC-200」は、最小読取値0.01マイクロメートルで、外置きタイプの高精度なカウンタです。「MFC-200」、「TC-200」とも、測定したデータのパソコンへの出力を容易にする、計測データ入出力機器(別売品)※に新たに対応し、製造現場における業務フロー向上に寄与します。
また、測定スタンドは、測定物の大きさや高さに合わせて選べるよう5機種をラインナップ。デザインを刷新し、スタイリッシュな外観に統一しました。

発売概要

商品名 カウンタ「MFC-200」、「TC-200」
測定スタンド「MS-12C」、「MS-22S」、「MS-32G」、「MS-41G」、「MS-51C」
発売時期 2022年6月予定

カウンタの主な仕様

型式 MFC-200 TC-200
表示 7セグメントLED(緑色)、8桁(-表示含む)、ゼロブランキング、負符号フローティング 7セグメントLED(緑色)、10桁(-表示含む)、ゼロブランキング、負符号フローティング
最小読取値 0.1μm(0.5μm、1μmに切り替え可能) 0.01μm(0.05μm、0.1μm、0.5μm、1μm、5μmに切り替え可能)
環境温度 使用温度範囲 0℃~40℃
保存温度範囲 -20℃~60℃
使用温度範囲 0℃~40℃
保存温度範囲 -20℃~60℃
適用機種 MF-1001、MF-501 MF-1001、MF-501、MH-15M
外形寸法 80(W)×84.3(H)×25.5(32.2mmコネクタ含む)(D)mm 150.2(W)×67.2(H)×176(D)mm
質量 約95g 約1kg

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。