映像制作会社ニコンクリエイツの営業を開始し、次世代映像コンテンツ事業に参入

2022年4月6日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]
左:ニコン相模原製作所内の仮施設にある、ボリュメトリック映像撮影システム
右:平和島に開設予定の映像制作拠点のロビーのイメージ

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、次世代映像コンテンツの企画、撮影、制作を行う株式会社ニコンクリエイツ(社長:宮原 康弘、東京都港区)を立ち上げて4月1日から営業開始し、次世代映像コンテンツ事業に参入します。

ニコンは、この次世代映像コンテンツ事業の参入にあたり、米国Microsoft Corporationの技術を活用した、高品質な3Dデータ映像の生成が特長の「Microsoft Mixed Reality Capture Studios」※1の日本初のパートナー企業となりました。ニコンの100%子会社であるニコンクリエイツが、最先端の技術や撮影機器を用いた映像制作拠点を2022年秋に東京都大田区平和島に開設し、ボリュメトリック映像※2やバーチャルプロダクション※3など、さまざまな映像制作手法を活用した提案や企画、撮影、制作を行います。

これまでニコンは、映像製品を市場に投入するとともに、クリエイターが想像力や個性を表現できる場を提供するなど、映像文化の発展に寄与してきました。今回、次世代映像コンテンツ事業に参入することで、クリエイターとともに新たな映像表現を共創していきます。エンターテインメントや広告などの幅広い分野において、新しい映像価値を創造し、映像文化のさらなる発展に貢献していきます。

ニコンクリエイツの概要

会社名 株式会社ニコンクリエイツ
本社所在地 東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟(2022年4月6日現在)
東京都大田区平和島6-1-1 東京流通センター物流ビルB棟(2022年秋に移転予定)
資本金 6,000万円(株式会社ニコン100%出資)
代表者 代表取締役 兼 社長執行役員 宮原 康弘
営業開始 2022年4月1日
主な業務 映像コンテンツの企画、撮影、制作およびその関連業務

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。