開放F値2.8一定ながら、小型・軽量と高いコストパフォーマンスを実現

「ニコン Z マウントシステム」対応の標準ズームレンズ「NIKKOR Z 28-75mm f/2.8」を発売

2021年12月14日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の標準ズームレンズ「NIKKOR Z 28-75mm f/2.8」を発売します。

「NIKKOR Z 28-75mm f/2.8」は、広角28mmから中望遠の75mmまでの使いやすい標準域の焦点距離範囲を、明るい開放F値2.8一定でカバーする標準ズームレンズです。質量約565gの軽量ボディーを実現し、開放F値2.8一定でありながらもカバンなどに収納しやすく、携行性が高い小型・軽量設計が特長です。

開放F値2.8ならではの大きく自然なボケ表現を活かした撮影や、光量の少ない場所での高画質な撮影が可能。日常のスナップからポートレート、風景まで、幅広い撮影シーンと被写体に対応します。絞り値を変えることで、柔らかな描写からシャープな描写まで写りの変化を楽しむことができ、静止画・動画問わず、多彩な表現を1本のレンズで実現することができます。

「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」(2019年4月発売)と比較して、より手の届きやすい価格設定に加え、より小型・軽量ボディーを実現しました。プロフェッショナルやハイアマチュアに限らず、開放F値2.8の明るさで表現の幅を広げたいフォトグラファーに対しても、新しい表現をサポートします。

ニコンは、今後も新次元の光学性能を追求し、ユーザーのニーズに応えていきます。そして、映像表現の可能性をさらに拡げることを目指し、映像文化の発展に貢献します。

発売概要

商品名 「NIKKOR Z 28-75mm f/2.8」
希望小売価格 \140,800(税別 \128,000)
発売時期 2022年1月28日予定
(「2022年2月予定」を変更しました。2022年1月19日変更)

日本での予約販売受付は、12月16日10時より開始します。

[写真]
©Kazune Kogure
[写真]
©Naomi Rader

主な特長

主な仕様

マウント ニコン Z マウント
焦点距離 28mm-75mm
最大口径比 1:2.8
レンズ構成 12群15枚(スーパーEDレンズ1枚、EDレンズ1枚、非球面レンズ3枚)
画角 75°-32°10′(撮像範囲 FX)
53°-21°20′(撮像範囲 DX)
寸法 約75mm(最大径)×120.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約565g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。