令和3年秋の褒章における当社社員の「黄綬褒章」受章に関して

2021年11月4日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の社員で、主に光学機器の組立調整業務に従事する安藤 賢一が、令和3年秋の褒章において、「黄綬褒章」を受章しました。

「黄綬褒章」は、農業、商業、工業などの業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する人に授与されるものです。今回の受章は、安藤が天体望遠鏡や人工衛星に搭載する光学機器の組立調整において、卓越した技能を有し、科学技術の発展に貢献するとともに、後進の育成に寄与したことなどが評価されたものです。

1. 受章者

カスタムプロダクツ事業部製造部製品課長

安藤 賢一(あんどう けんいち) 44歳

2. 受章の経緯

1997年の入社以来、主に天体望遠鏡や人工衛星に搭載する光学機器の組立調整業務に従事しています。光学機器の組立調整には、1000分の1ミリメートル単位といった微細な調整を行う高度な技能が必要となります。これまで、さまざまな光学機器の組立調整に携わり、卓越した技能を発揮してきました。また、自身の経験や技量を生かし、後進技能者の指導、育成にも尽力しています。

3. 過去の主な受賞歴

2017年 ものづくりマイスター

2019年 茨城県技能者表彰

2020年 卓越した技能者(現代の名工)

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。