米国Aeva Technologies, Inc.との基本合意について

2021年8月10日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区、以下「ニコン」)は、米国のAeva Technologies, Inc.(CEO: Soroush Salehian、以下「エイバ社」)と、周波数連続変調(FMCW)※技術に関する協業検討を行うことに基本合意しました。

ニコンはFMCW技術を活用し、大規模空間非接触測定機の開発、販売を長年行っています。最近では、大規模空間非接触測定機「APDIS」シリーズによって、自動車生産工場における検査工程の効率化に貢献しています。小型・軽量でロボットアーム等に設置可能な「APDIS」シリーズは、生産ラインで高精度な検査を行うことができる画期的な測定機です。

エイバ社は、米国カリフォルニア州に本社を置き、車の自動運転をはじめ、エレクトロニクスや産業用ロボットなどで用いられる、さまざまな認知技術を持つ会社です。同社のFMCW技術は、瞬時に対象物の情報を取得し、正確に計測することを可能にします。

今回の基本合意により、エイバ社の小型かつ安定性の高いFMCWモジュールをニコンの産業機器事業の計測分野に活用することでシナジーを生み出せるかの技術検証を含めた、協業の可能性を検討します。

ニコンは、今後も高度な計測技術で最先端の製造プロセスを支えていきます。

エイバ社の概要

社名 Aeva Technologies, Inc.
本社所在地 米国・カリフォルニア州
代表者 Soroush Salehian(CEO)
設立 2017年
事業内容 幅広いアプリケーション向け次世代センサー開発

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。