シンガポールの子会社を再編

2021年7月1日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、シンガポールにある、子会社の「Nikon Singapore Pte. Ltd.」(Managing Director:堀江 正浩)と「Nikon Asia Pacific Pte. Ltd.」(Managing Director:熊木 健次)を合併し、2021年7月1日に営業を開始します。

カメラ、顕微鏡、測定機等の販売・サービスや、半導体露光装置の保守サービスを行う「Nikon Singapore Pte. Ltd.」を存続会社とし、財務・経理・法務・税務の管理を行う「Nikon Asia Pacific Pte. Ltd.」と合併して、経営および業務の効率化を図ります。

存続会社の概要

社名 Nikon Singapore Pte. Ltd.
所在地 18 Tai Seng Street #04-08, 18 Tai Seng, Singapore 539775
資本金 SGD 33,163,000(約26億円)
代表者 Managing Director 堀江 正浩
人員 約110名
主な業務 カメラ、顕微鏡、測定機等の輸入販売、サービス、半導体露光装置の保守サービス
財務・経理・法務・税務の管理
出資構成 株式会社ニコン 100%

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。