「ニコン Z マウントシステム」対応の高倍率ズームレンズ「NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR」を開発

2021年6月29日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]
※ 上の画像は、市販する製品の外観とは異なる可能性があります。

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したAPS-Cサイズ(ニコン DXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の高倍率ズームレンズ「NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR」の開発を進めています。発売は、2021年内を目指しています。

「NIKKOR Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR」は、広角から望遠までの幅広いシーンでの撮影に加え、近距離撮影にも適しています。この一本で様々なシーンの静止画・動画撮影が可能となり、より自由な映像表現を楽しめる小型・軽量の高倍率ズームレンズです。

ニコンは、今後も新次元の光学性能を追求し、ユーザーのニーズに応えていきます。そして、映像表現の可能性をさらに拡げることを目指し、映像文化の発展に貢献します。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。