「ニコンZ fc」にマッチするデザインを採用

「ニコン Z マウントシステム」対応の小型・軽量単焦点レンズ「NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE)」を発売

2021年6月29日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の小型・軽量単焦点レンズ「NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE)」を発売します。
なお、本レンズは、APS-Cサイズ(ニコンDXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z fc」のキットレンズとしても発売します。「Z fc」の詳細については、本日発表の以下プレスリリースをご覧ください。

「NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE)」は、「Z fc」に合わせたデザインを採用した、小型・軽量の広角単焦点レンズです。焦点距離28mmの広角を活かしたスナップ撮影のほか、最短撮影距離0.19mでの近距離撮影も可能です。「Z fc」などのDXフォーマットのカメラボディーに装着した場合は、42mm相当(35mm判換算)の標準画角で撮影できます。全長約43mm、質量約160gの小型・軽量化を実現し、極めて優れた携行性を実現。気軽に持ち歩ける明るい単焦点レンズとして、風景やテーブルフォトなど、日々のスナップ撮影で活躍します。

「NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE)」の「(SE)」は「Special Edition」を意味し、フィルム一眼レフカメラ「ニコン FM2」(1982年発売)と同時期に発売されたNIKKORレンズのデザインを踏襲しています。当時のデザインを忠実に再現し、ローレット加工を施した存在感のあるコントロールリングが特長で、「Z fc」のボディーとマッチします。

ニコンは、今後も新次元の光学性能を追求し、ユーザーのニーズに応えていきます。そして、映像表現の可能性をさらに拡げることを目指し、映像文化の発展に貢献します。

[写真]
「Z fc」に「NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE)」装着時
[写真]
©Yansu Kim

発売概要

商品名 「NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE)」
希望小売価格 \42,790(税別 \38,900)
発売時期 2021年10月上旬予定
Z fc NIKKOR Z 28mm f/2.8 (SE) レンズキット オープンプライス
2021年10月1日発売予定(7月19日に「2021年7月下旬発売予定」を「未定」としましたが、9月7日に発売時期を決定しました。)

日本での予約販売受付は、7月1日10時より開始します。

主な特長

主な仕様

マウント ニコン Z マウント
焦点距離 28 mm
最大口径比 1:2.8
レンズ構成 8群9枚(非球面レンズ2枚)
画角 75°(撮像範囲 FX)
53°(撮像範囲 DX)
寸法 約71.5 mm(最大径)×43 mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約160g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。