NIKKOR Z レンズ初のマイクロレンズ、マクロ撮影からスナップ撮影まで幅広い表現が可能

「ニコン Z マウントシステム」対応の標準マイクロレンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」を発売

2021年6月2日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の標準マイクロレンズ「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」を発売します。

「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」は、被写体を大きく写すマクロ撮影からスナップ撮影まで幅広いシーンで活躍する、小型・軽量のマイクロレンズです。同日発表の「NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR S」と同様、NIKKOR Z レンズ初のマイクロレンズです。最短撮影距離は0.16m、最大撮影倍率は1.0倍。被写体に近づき、マイクロレンズ特有の美しいボケを活かした立体感のある表現や、細部までの忠実な描写が可能です。また、マクロ撮影のほか、焦点距離50mmの画角を活かしたスナップ撮影など、標準単焦点レンズとしても楽しむことができます。

大口径でたくさんの光を取り込める「Z マウント」の採用により、高い光学性能を実現し、画像周辺部まで解像感の高いシャープな描写力と、マイクロレンズならではの被写体を引き立たせる自然なボケを可能にします。さらに、近距離から遠距離まで色収差を抑制するレンズ構成により、色にじみやフチの色づきを抑えた美しいボケが得られます。フォーカス時に前方部分のレンズ群を動かす「前群繰り出し方式」の採用や、STM(ステッピングモーター)の搭載により、従来のニコンの標準マイクロレンズと比べて大幅な小型・軽量化を実現しました。

「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」は花、植物などの、ボケを生かしたマクロ撮影や、標準域の焦点距離50mmの画角を活かしたスナップ撮影、テーブルフォト撮影など、日常におけるさまざまな被写体を、気軽かつ印象的に撮影することができます。マイクロレンズを用いた新たな表現に挑戦するユーザーに適したレンズです。

ニコンは、今後も新次元の光学性能を追求し、ユーザーのニーズに応えていきます。そして、映像表現の可能性をさらに拡げることを目指し、映像文化の発展に貢献します。

[写真]
©Kristine Tanne
[写真]
©Patrick Kolts

発売概要

商品名 「NIKKOR Z MC 50mm f/2.8」
希望小売価格 \94,160(税別 \85,600)
発売時期 2021年6月25日予定

日本での予約販売受付は、6月4日10時より開始します。

主な特長

主な仕様

マウント ニコン Z マウント
焦点距離 50 mm
最大口径比 1:2.8
レンズ構成 7群10枚(EDレンズ1枚、非球面レンズ1枚、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 47°(撮像範囲 FX)
31°30’(撮像範囲 DX)
最短撮影距離 撮像面から0.16m
最大撮影倍率 1倍
寸法 約74.5mm(最大径)×66mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約260g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。