ニコンのミラーレスカメラ、デジタル一眼レフカメラをWebカメラとして使用可能にするソフトウェア「Webcam Utility」の正式版を公開

2020年11月4日

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、ニコンのミラーレスカメラ、デジタル一眼レフカメラをWebカメラとして使用可能にするPC用ソフトウェア「Webcam Utility」の正式版を本日より無償公開します。

PC用ソフトウェア「Webcam Utility」は、オンライン会議の普及とともに高まるWebカメラへの需要に応え、ニコンのミラーレスカメラ、デジタル一眼レフカメラをWebカメラとして使用可能にするソフトウェアです。「Webcam Utility」をPCにインストールし、対象のカメラをUSBケーブルで接続することで、高画質なWebカメラとしてご使用いただけます。
今回の「Webcam Utility」正式版はWindows、macOSそれぞれに対応しています。

詳細は、ダウンロードセンターをご覧ください。

対応OS

対応カメラ

ミラーレスカメラ 「Z 7II」、「Z 7」、「Z 6II」、「Z 6」、「Z 5」、「Z 50」
デジタル一眼レフカメラ 「D6」、「D5」、「D850」、「D810」、「D780」、「D750」、「D500」、「D7500」、「D7200」、「D5600」、「D5500」、「D5300」、「D3500」

今後発売するミラーレスカメラ、デジタル一眼レフカメラも対応予定です。

  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • macOSは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。