世界最短・最軽量と、圧倒的な描写力を両立

「ニコン Z マウントシステム」対応の大口径超広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」を発売

2020年9月16日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端秀行、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の大口径超広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」を発売します。

「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」は、NIKKOR Z レンズの「S-Line」※1に属し、焦点距離全域を明るい開放F値2.8一定でカバーしながら、絞り開放から画像周辺部まで解像感の高い描写力を発揮する大口径超広角ズームレンズです。世界最短※2の全長約124.5mmかつ世界最軽量※2の約650gを実現。星や山、建物等の幅広い風景撮影に対応し、静止画・動画撮影時ともに超広角レンズならではの臨場感あるダイナミックな表現を楽しめます。

従来製品の「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」(2007年11月発売)と比較して「点が点に写る」高い点像再現性や、ゴースト、フレアを効果的に抑える逆光耐性などが大幅に向上しています。最前面のレンズに両面非球面レンズを採用したことにより、開放F値2.8の超広角レンズにも関わらず、平坦に近いレンズ最前面の形状を実現。レンズ前側に付属の専用レンズフードを介すことで、ネジ込み式フィルターを装着することができ、フォトグラファーの多様な撮影ニーズに応えます。

さらに、静止画だけでなく、動画撮影での使いやすさも追求し、「STM(ステッピングモーター)」や「コントロールリング」を採用。高い静音性となめらかな操作性を実現しました。「S-Line」に属したレンズならではの卓越した解像力を動画撮影でも発揮します。

(左から)「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」、
「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」、
「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」

なお、本レンズの発売により、開放F値2.8一定の大口径「Z マウント」対応のズームレンズが3本揃うことになります。これら3本が焦点距離14mmから200mmの広角、標準、望遠域をカバーし、「ニコン Z マウントシステム」においても、プロフェッショナルやハイアマチュアフォトグラファーの映像表現の可能性をさらに拡げます。

ニコンは、今後も新次元の光学性能を追求し、ユーザーのニーズに応えていきます。そして、映像表現の可能性をさらに拡げることを目指し、映像文化の発展に貢献します。

[写真]
©John Weatherby

発売概要

商品名 「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」
希望小売価格 \352,000(税別\320,000)
発売時期 2020年10月予定

日本での予約販売受付は、9月18日10時より開始します。

「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」の主な特長

[写真]
「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」に「ニュートラルカラーNC 112mm」装着時

「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」の主な仕様

マウント ニコン Z マウント
焦点距離 14 mm-24 mm
最大口径比 1:2.8
レンズ構成 11群16枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコートあり、アルネオコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 114° -84°(撮像範囲 FX)
90° -61°(撮像範囲 DX)
寸法 約88.5 mm(最大径)×124.5 mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約650g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。