高い測定能力でピンフラッグも測りやすい

ニコンゴルフ用レーザー距離計「COOLSHOT 40i GⅡ」を発売

2020年9月2日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、ゴルフ用レーザー距離計「COOLSHOT 40i GⅡ(クールショット40アイ ジー ツー)」を発売します。

レーザー距離計は、目標物に赤外線レーザーを照射し、反射して戻ってくる時間をもとに目標物までの距離を瞬時に測定するものです。打つべき距離の把握や使用するべきゴルフクラブの選択を容易にし、プレーに集中することができます。

「COOLSHOT 40i GⅡ」は、「LOCKED ON」機能を搭載しています。目標物であるピンフラッグと奥の林が重なりあうシーンでも、手前のピンフラッグまでの距離を測定するとファインダー内に「LOCKED ON サイン」が点灯するので、ピンフラッグまでの距離が測れたことがひと目で分かります。また、コースの勾配を読み取る「ID TECHNOLOGY」を搭載し、高低差や起伏のあるゴルフコースでの使用にも最適です。

発売概要

商品名 ニコンゴルフ用レーザー距離計「COOLSHOT 40i GⅡ」
価格 オープンプライス
発売時期 2020年9月18日予定

日本での予約販売受付は、9月4日10時より開始します。

主な特長

1. ピンフラッグまでの距離を測れたことをサインで知らせる「LOCKED ON」機能

手前のピンフラッグと奥の林が重なりあっているシーンでも、目標物であるピンフラッグまでの距離を、背景の林と間違えることなく計測できます。手前のピンフラッグまでの距離を測定すると、ファインダー内に「LOCKED ONサイン」が点灯し、測定したことがひと目で分かります。

[写真]
ピンフラッグ測定時のイメージ
[写真]
奥の林の測定時のイメージ

2. ワンプッシュで切り替え可能な、「Gモード」と「Dモード」の2つの測定モード

「Gモード(加減算距離&直線距離)」と「Dモード(直線距離)」の2つの測定モードは、製品上部の「MODEボタン」を押すだけで簡単に切り替えできます。「ID TECHNOLOGY」の搭載により、「Gモード」設定時には、高低差をふまえた打つべき距離の目安(加減算距離=水平距離±高さ)を表示可能。距離感のつかみにくい打ち上げや打ちおろしのショットでのクラブ選択をサポートします。また、「Dモード」設定時は直線モードサイン※1が点滅し、傾斜計を使用していないことが証明できるため、競技大会※2でも安心して使えます。

3. 「HYPER READ」によって、約0.3秒の高速測定を実現

測距アルゴリズム「HYPER READ」を搭載。目標物までの距離に関わらず、約0.3秒という速さで測定結果を表示することが可能です。

4. 最大測定可能距離が1,600yd.と前機種から大幅に伸び、測定能力が向上

前機種の「COOLSHOT 40i」(2015年2月発売)と比較して、直線距離での最大測定可能距離を950yd.(870m)伸ばし、1,600yd.(1,460m)の計測が可能になりました。最大測定可能距離が伸びたことにより、測定能力が向上。さらに、ピンフラッグを測定できる最大距離の目安も、前機種から50yd.伸ばし500yd.となり、ピンフラッグがより測りやすくなりました。

5. その他の特長

主な仕様

測定範囲(直線距離) 7.5-1,460m/8-1,600yd.
距離表示ステップ 直線距離(上段):1m/yd.単位
直線距離(下段):0.5m/yd.単位
加減算距離(下段):0.2m/yd.単位
測定精度(直線距離)※1 ±0.75m/yd.(700m/yd.未満)
±1.25m/yd.(700m/yd.以上、1000m/yd.未満)
±1.75m/yd.(1,000m/yd.以上)
倍率(×) 6
対物レンズ有効径(mm) 21
実視界(˚) 7.5
アイレリーフ(mm) 18.0
ひとみ径(mm) 3.5
大きさ(長さ×高さ×幅)(mm) 96×74×41
質量(重さ)(g) 約170(電池を除く)
電源 CR2リチウム電池×1本、DC3V
オートパワーオフ機能(約8秒)
構造 生活防水※2

上記仕様は目標物、表面の形状・性質や気象条件により満たされないことがあります。
雨滴により、目標物までの距離が正常に測れないことがあります。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。