「ニコン Z マウントシステム」ならではの高い表現力と信頼性で創作活動を豊かにするベーシックモデル

ニコンFXフォーマットミラーレスカメラ「ニコン Z 5」を発売

2020年7月21日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z 5」と本製品のキットレンズである、標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」を発売します。
「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」の詳細については、本日発表の以下のリリースをご覧ください。

「Z 5」は、「ニコン Z 7」(2018年9月発売)と「ニコン Z 6」(2018年11月発売)の高い表現力と信頼性を継承し、本格的な画づくりと高いコストパフォーマンスを両立した、フルサイズミラーレスカメラのベーシックモデルです。FXフォーマットセンサーならではの高画質と描写力により暗所での撮影や、NIKKOR Z レンズと組み合わせることでボケを活かした立体感のある撮影など、幅広いシーンで豊かな表現を実現します。また、ミラーレスカメラ用フルサイズフォーマット対応のズームレンズにおいて、最薄・最軽量※1の標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」と合わせることで、さらに高い機動力を発揮します。「Z 5」は、フルサイズカメラを初めて使われる方に最適なモデルです。自分らしい表現を追求するクリエイターの創作活動をサポートします。

ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 6」により最高常用感度 ISO 51200※2を実現し、高感度でも解像感を保ちながら効果的にノイズを低減します。シャッタースピード5.0段※3分の補正効果が得られるボディー内手ブレ補正(VR)や、画面の広範囲をカバーするフォーカスポイント273点※4のハイブリッドAFシステム、人物や犬と猫の撮影に便利な「瞳AF」「動物AF」※5など、高い性能に加えて様々な機能を搭載。また、全20種類の「Creative Picture Control」を搭載し、写真や動画の印象を簡単に調整することができます。さらに、高い光学性能を実現した多彩なNIKKOR Z レンズを組み合わせることで、「Z 5」の表現力を最大限に引き出し、映像表現の幅が拡がります。
また、高精細な4K UHD動画撮影や、インターバルタイマー撮影時のタイムラプス動画同時記録などの動画撮影機能を搭載しています。さらに、NIKKOR Z レンズに搭載したコントロールリングを使えば、絞りや露出補正などの静かでスムーズな操作も可能です。

容量がアップした新開発の「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15c」の採用や、電源ON時のUSB給電にも新たに対応したことで、屋外での撮影やタイムラプス動画撮影など長時間の撮影がしやすくなります。ボディーの随所に効果的なシーリングを施し、高い防塵・防滴性能を実現。また、「Z シリーズ」の特長でもあるクリアーで自然な見えを実現した電子ビューファインダーや、タッチパネル採用のチルト式3.2型TFT液晶モニターにより直感的でスムーズな操作をサポートし、ユーザーの思いのままに創作活動に集中することができます。「SnapBridge」アプリでスマートデバイス※6への静止画・動画の転送や、リモート操作も可能です。

ニコンは、今後も新次元の光学性能を追求し、ユーザーのニーズに応えていきます。そして、映像表現の可能性をさらに拡げることを目指し、映像文化の発展に貢献します。

発売概要

商品名 ニコンミラーレスカメラ「Z 5」
価格 オープンプライス
発売時期 2020年8月下旬

なお、「Z 5」とレンズを組み合わせた以下のキットも同時発売します。

Z 5 24-50レンズキット オープンプライス
2020年8月下旬発売予定
NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3付き

日本での予約販売受付は、7月23日10時より開始します。

主な特長

1. 本格的な画づくりを実現する「ニコン Z シリーズ」ならではの高画質と表現力

有効画素数2432万画素、ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 6」により、ISO 100~51200の広い常用感度域をカバー。暗所での撮影でも、質感やディテールを表現しながらノイズを抑えた描写が可能です。また、ボディー内手ブレ補正(VR)を搭載し、手ブレ補正ユニットを5軸に駆動させて補正することで、シャッタースピード5.0段分の高い効果が得られます。さらに、動画撮影専用の「電子手ブレ補正」機能との組み合わせによるハイブリッドVRで動画撮影時も高い手ブレ補正効果が得られ、安定した撮影が可能です。

また、独創的な表現を可能にする全20種類の「Creative Picture Control」を搭載。テーマごとに色合いや階調、彩度などが細かく作りこまれた効果により様々な雰囲気を表現できるほか、効果を自分好みに調節できるため、表現の幅がさらに拡がります。4K UHD動画撮影を含めた、動画撮影時にも「Creative Picture Control」を適用できます。

2. 「瞳AF」「動物AF」、273点ハイブリッドAFシステムで狙い通りの撮影が可能

像面位相差AFとコントラストAFを自動的に切り換えるハイブリッドAFシステムを搭載。撮像範囲の水平、垂直約90%の広範囲をフォーカスポイント273点でカバーし、画面周辺部の被写体へのピント合わせも容易にできます。また、「瞳AF」「動物AF」を搭載し、動いている人物の瞳や、犬と猫の瞳を高い精度で追い続けるため、フォーカスポイントの操作に気を取られることなく、被写体とのコミュニケーションや構図に集中することが可能です。ライブビュー撮影時だけでなくファインダー撮影時も複数の瞳を検出し、撮影しながらマルチセレクターやサブセレクターで簡単に選択可能です。動画撮影時は人物の顔に加え、動物の顔を検出できます。また、-3EVまでのAF撮影に対応し、低輝度下でも被写体をしっかりと捉えます。

3. 優れた操作性と多様な機能により快適な撮影をサポート

「Z 7」、「Z 6」と同等の高い防塵・防滴性能、堅牢性を備え、様々な環境下で安心して撮影ができます。また、約369万ドットの電子ビューファインダーは、「Z シリーズ」の特長でもある自然でシャープな見えを継承し、画面の隅々まで精細に確認が可能です。チルト式3.2型TFT液晶モニターには、AFやレリーズ、撮影設定変更時にも直感的な操作が可能なタッチパネルを採用。新開発の「Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15c」は容量が増加し、撮影可能枚数約470枚を実現。また、従来のUSB充電に加え、新たに電源ON時のUSB給電にも対応しており、タイムラプスを含めた長時間の動画撮影などでも安心して撮影に集中できます。静止画・動画のスマートデバイスへの転送や、リモート操作ができる「SnapBridge」アプリにも対応。撮影した高画質な画像をSNSなどで素早くシェアすることができます。
さらに、ユーザーの要望に応え、ニコンのミラーレスカメラとして初めてダブルスロットを搭載し、スムーズなデータハンドリングを実現しました。

4. その他の特長

主な仕様

型式 レンズ交換式デジタルカメラ
レンズマウント ニコン Z マウント
有効画素数 2432万画素
撮像素子 35.9×23.9 mmサイズCMOSセンサー(ニコンFXフォーマット)
記録媒体 SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-II規格に対応)
ISO感度(推奨露光指数) ISO 100~51200(ステップ幅:1/3、1/2ステップに変更可能)、ISO 100に対し約0.3、0.5、0.7、1段(ISO 50相当)の減感、ISO 51200に対し約0.3、0.5、0.7、1段(ISO 102400相当)の増感、感度自動制御が可能
フォーカスポイント 273点
※静止画モード、撮像範囲FX、シングルポイントAF時
画像モニター チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、約104万ドット、視野角170°、視野率約100%、明るさ調整可能(マニュアル11段階)、カラーカスタマイズ可能
寸法(幅×高さ×奥行き) 約134×100.5×69.5mm
質量 約675g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)、約590g(本体のみ)

仕様中のデータは特に記載のある場合を除き、CIPA(カメラ映像機器工業会)規格またはガイドラインに準拠しています。

  • *Apple®、App Store®、Appleロゴ、iPhone®、iPad®、iPod touch®は米国およびその他の国々で登録された、Apple Inc.の商標です。
  • *iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用しています。
  • *AndroidおよびGoogle PlayはGoogle LLCの商標です。
  • *その他の記載されている会社名および製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。