産業用途に用いられる様々なモジュールに使用可能

多回転バッテリーレスアブソリュートエンコーダ「MAR-MX60A-MF」
多回転アブソリュートエンコーダ「MAR-MX60A」を発売

2019年11月20日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]
MAR-MX60A-MF
[写真]
MAR-MX60A

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、多回転バッテリーレスアブソリュートエンコーダ「MAR-MX60A-MF」と、多回転アブソリュートエンコーダ「MAR-MX60A」を発売します。
「MAR-MX60A-MF」は、バッテリーレス機能をニコン独自の方式で実現し、主電源消失時も回転数を保持します。バッテリーレス機能はメンテナンス性の向上、ランニングコスト削減に貢献します。
「MAR-MX60A」は、ニコンのエンコーダで最高の保証温度となる105℃を達成し、モータ設計、装置設計の自由度が高まります。両機種とも、産業用途の様々なモジュールにご使用いただけます。ニコンは今後、「MAR-MX60A-MF」「MAR-MX60A」に続くラインアップをいっそう拡充し、ユーザーニーズに応えていきます。
なお、本製品は、「SPS IPC Drives 2019」(11月26日~28日、於:ドイツ・ニュルンベルクメッセ)と、「IIFES 2019」(11月27日~29日、於:東京ビッグサイト)に出展します。

発売概要

商品名 多回転バッテリーレスアブソリュートエンコーダ「MAR-MX60A-MF」
多回転アブソリュートエンコーダ「MAR-MX60A」
発売時期 2020年4月予定

主な特長

1. 「バッテリーレス方式」で従来製品と同等の薄さを実現(「MAR-MX60A-MF」)

「MAR-MX60A-MF」は、ニコン独自方式のバッテリーレスを実現し、従来製品と同等の薄さを実現した画期的なアブソリュートエンコーダです。新しい装置の開発に、現在ご使用中の装置やエンコーダから置き換える際に、大規模な設計変更を必要としません。

2. 最高105℃までの温度保証(「MAR-MX60A」)

「MAR-MX60A」は、保証温度105℃を達成。耐環境性能を向上させることにより、モータ設計や、装置設計の自由度を高めています。

3. 1回転最大27ビットの高分解能を実現(両機種共通)

1回転内の分解能は、最大27ビット(2の27乗:134,217,728分割/回転)を実現。精密な位置決めが可能となり、さらに、速度制御の安定性向上にも大きく貢献します。

4. 双方向フルシリアル通信「A-format®」を採用(両機種共通)

コントローラとエンコーダで互いに通信が可能な双方向フルシリアル通信「A-format®を採用。エンコーダが処理したモータの状態監視を「A-format®」に変換し、コントローラとデータの送受信を行うことで、装置やモータの精密で高速な制御に貢献します。従来機種と共通化することにより、お客様のモータ選定の幅が広がります。

主な仕様

基本仕様
「MAR-MX60A-MF」 「MAR-MX60A」
分解能 1回転部分 最大27bit (134,217,728分割)
多回転部分 最大16bit (65,536回転)
応答回転速度 8,000 min-1
電源電圧 主電源ON時 DC 5V (±10%)
バッテリーバックアップ時 - DC 3.6V
消費電流 通常動作時 75 mA (TYP)
外部バッテリー使用時 - 45 μA (TYP)
動作温度範囲 -20℃~+85℃ -20℃~+105℃
寸法 外径 φ35 mm
高さ 13.69 mm (TYP) 12.46 mm (TYP)
通信仕様(「MAR-MX60A-MF」「MAR-MX60A」共通)
通信プロトコル A-format®
伝送規格 EIA 規格RS-485 準拠
伝送方式 NRZ 半2 重シリアル通信
ボーレート 2.5Mbps(オプション:4Mbps、6.67Mbps、8Mbps、16Mbps)
信号線数 4 本(オプション:6 本)
バス接続 最高8 軸までエンコーダを接続可能

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。