120mmの大口径レンズで明るくシャープな視界が特長の大型双眼望遠鏡

ニコン大型双眼望遠鏡「25×120」「20×120 IV」を発売

2019年11月13日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]
「25×120」架台装着時
[写真]
「25×120」架台およびピラースタンド装着時

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、120mmの大口径レンズで明るくシャープな視界を実現した大型双眼望遠鏡「25×120」と「20×120 IV」の2機種を発売します。

発売概要

商品名 ニコン大型双眼望遠鏡「25×120」「20×120 IV」
価格 「25×120」(架台付き) オープンプライス
「20×120 IV」(架台付き) オープンプライス
発売時期 2019年11月29日予定

なお、大型双眼望遠鏡を据えつけるためのピラースタンドも別売りで同時発売します。

大型双眼望遠鏡用「ピラースタンド」(アダプター付き) 希望小売価格 165,000円(税別 150,000円)
2019年11月29日発売予定

日本での予約販売受付は、11月15日10時より開始します。

主な特長

1. 120mmの大口径レンズにより、明るく高い解像力

対物レンズ有効径は、集光力に優れた120mmで、明るく高解像な像が得られます。

2. 広く、シャープな視界を実現

「25×120」は、見掛視界64.7°の広い視界で迫力ある観察が可能です。視野周辺の像の平坦性に優れており、視野の隅々までシャープな視界が得られます。

3. 観察しやすいロングアイレリーフ設計

対象物を観察しやすいよう、アイレリーフを長く設計しました。接眼部分には、両サイドから入る外光をシャットアウトするツノ型目当てを採用。長時間にわたる観察でも疲れにくい構造です。

4. 耐食性・耐震性に優れた防水・防曇仕様

ボディー内部に窒素ガスを充填し、気密性に優れた防水・防曇仕様を採用したほか、雨や夜露の侵入を防ぎます。さらに、耐食性、耐震性に優れ、長期にわたって使用いただけます。

5. 頑丈で容易に操作できる架台

水平方向は360°旋回、上下方向は仰角で70°、俯角で30°の操作ができ、目標物を容易にとらえることができます。

主な仕様

項目/製品名 25×120 20×120 IV
倍率(倍) 25 20
対物レンズ 有効径(mm) 120 120
実視界(゜) 2.9 3.0
見掛視界(゜)※1 64.7 55.3
1000m先の視界(m) 50 52
ひとみ径(mm) 4.8 6.0
明るさ 23.0 36.0
アイレリーフ(mm) 18.9 20.8
最短合焦距離(m) 210 133
長さ(mm) 672 680
幅(mm) 454 454
高さ(mm) 160 160
質量(重さ)(kg) 14 14
眼幅調整範囲(mm) 58-74 58-74
視度調整範囲(m-1) -5 - +3 -5 - +3
構造 防水(2m/10分間)※2と窒素ガス充填 防水(2m/10分間)※2と窒素ガス充填

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。