究極の光学性能を追求したNIKKOR Z レンズ「S-Line」の最高峰

「ニコン Z マウントシステム」対応の大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を発売

2019年10月10日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の、大口径標準単焦点マニュアルフォーカスレンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を発売します。
なお、本製品は、2018年8月23日に開発発表を行っています。

「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」は、「S-Line」※1の最高峰に位置し、NIKKOR Z レンズの光学性能の高さを象徴するレンズです。内径55mmの大口径「Z マウント」とフランジバック16mmの組み合わせがもたらす高いレンズ設計自由度を活かし、ニコン史上最も明るい※2開放F値0.95を実現しています。1977年に発売され、「点が点に写るレンズ」として高い評価を得た標準単焦点レンズ「AI Noct Nikkor 58mm F1.2」※3の設計思想を引き継ぎ、究極の光学性能を追求。点像再現性、解像力、ボケの全てにおいて非常に優れた描写性能を、開放F値0.95から最大限に発揮します。

レンズ構成10群17枚の光学系には、新たに、高屈折率硝材を使用した高精度で大口径の「研削非球面レンズ」を含む非球面レンズ3枚、EDレンズ4枚を惜しみなく採用。歪曲収差や球面収差などのさまざまな収差に対して、極めて高いレベルでの補正を実現しています。さらに、ニコン独自の反射防止コーティング「アルネオコート」と「ナノクリスタルコート」を採用しています。この2つのコーティングを併用することにより、入射光に起因するゴースト、フレアを極めて効果的に低減。抜けの良いクリアーな画像が得られます。

[写真]
「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」カットモデル

また、全て金属切削加工で造り上げた外観パーツ、黄色に色入れした「Noct」の刻印など、所有することに喜びを感じていただける高級感のあるデザインに仕上げました。フォーカスリングとコントロールリングは滑らかで精密な操作性を実現。「S-Line」の最高峰にふさわしい、豊かな使い心地を堪能していただけます。

[写真]
「トランクケース CT-101」

なお、「Noct」のロゴがあしらわれた付属の専用トランクケースは、レンズを収納できるだけでなく、レンズ構成図が描かれたケース内カバーの下にも収納部を設けています。お客様の用途に合わせてご自由にお使いいただけるよう設計しています。

究極の光学性能を追求した「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」は、ポートレートや夜景・星景を中心とする静止画・動画撮影において、新たな映像表現を可能にします。

発売概要

商品名 「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」
希望小売価格 \1,265,000(税別 \1,150,000)
受注開始日時 2019年10月12日10時予定

本製品は、受注生産となります。納期は受注および生産の状況により、変動します。

主な特長

主な仕様

マウント ニコン Z マウント
焦点距離 58 mm
最大口径比 1:0.95
レンズ構成 10群17枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコートあり、アルネオコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 40°50′(撮像範囲 FX)
27°20′(撮像範囲 DX)
寸法 約102 mm(最大径) × 153 mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約2000 g

NIKKOR Z レンズラインナップ予定表(~2021年)

ニコンは、本日発表の製品に続き、今後もお客様の創作意欲を刺激する高性能かつ多彩なNIKKOR Z レンズのラインナップを順次拡充していきます。

[写真]

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。