世界的なESG投資指標「Dow Jones Sustainability Indices」において、「DJSI World」および「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に2年連続で選定

2019年9月17日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、世界的なESG(環境・社会・ガバナンス)投資指標のひとつである「Dow Jones Sustainability Indices(以下、DJSI)」において、「DJSI World」および「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に2年連続で選定されました。

DJSIは、米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社とが提携して開発した指標です。毎年、世界の大手企業を対象に「経済」「環境」「社会」の3つの側面から企業の持続可能性を評価して数値化し、業種別の評価結果上位約10%を「DJSI World」に選定します。今年の「DJSI World」選定企業は318社(うち日本企業33社)で、当社は「レジャー用品および民生用電子機器」部門において選定されました。また、当社は、アジア太平洋地域の構成銘柄である「DJSI Asia Pacific」にも選定されました。

ニコングループは、企業理念の「信頼と創造」のもとにCSRを重視した事業活動を通じて、今後も社会の持続的な発展に貢献していきます。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。