明るく広視野で、細胞の深部観察に最適

生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil」、「CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil」を発売

2019年4月23日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンインステック(社長:高階 弘史、東京都港区)は、共焦点レーザー顕微鏡システムや研究用倒立顕微鏡「ECLIPSE Ti2」などの観察用に最適化し、高い開口数と広視野を両立した生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil」、「CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil」を発売します。シリコーンオイル※1を浸液に用いた液浸観察※2により、標本の深部においても鮮明な画像を取得することが可能です。

発売概要

商品名 生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil」
生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil」
価格(税別) 「CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil」 1,100,000円
「CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil」 1,200,000円
発売時期 2019年4月26日

開発の背景

バイオサイエンス分野のうち特に再生医療に関する研究では、細胞塊や胚など厚みのある細胞や生体組織を生きたまま観察し、その反応や変化を研究するニーズが高まっています。このようなニーズに対し、共焦点レーザー顕微鏡システムや研究用倒立顕微鏡「ECLIPSE Ti2」などを用いた観察時に威力を発揮する、生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil」、「CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil」を開発。広視野で、厚みのある標本の深部まで、鮮明に観察することができます。

主な特長

1. 標本の深い部位を鮮明に観察することが可能

液浸観察をする際、標本である細胞(ne≒1.38)と屈折率が近いシリコーンオイル(ne≒1.40)を浸液に使用することで、屈折率の差によって発生する球面収差を低減。標本の深部においても、高解像度観察を可能にします。ニコンが開発したシリコーンオイル(別売)を使えば、観察時に浸液を保持する優れた粘度をもち、長時間でも安定したタイムラプス観察を行うことができます。

2. 高い開口数(NA)と広視野を両立

「CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil」の開口数(NA)は1.05、「CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil」の開口数(NA)は1.25を実現。また、最大視野数※325mmの広視野観察に対応し、広範囲を効率的に観察できます。高い開口数(NA)と広視野を両立することにより、明るく高い解像度の画像を取得できます。多くの実験データを短時間で取得することができ、高スループットを実現します。

3. 長作動距離を実現

標本と対物レンズの距離は、「CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil」は0.55mm、「CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil」は0.3mmの長作動距離※4を実現。厚みのある標本の観察に最適です。

主な仕様

商品名 CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil
倍率 25X 40X
開口数(NA) 1.05 1.25
作動距離(WD) 0.55mm 0.3mm
同焦点距離 60mm 60mm
視野数 25 25
カバーガラス厚さ 0.17mm 0.17mm
カバーガラス厚さ補正範囲 0.11-0.23mm 23℃:0.13-0.21mm
37℃:0.15-0.23mm

画像例

共焦点レーザー顕微鏡システム「A1R HD25」と生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda S 25XC Sil」を用いて画像取得。
正常なマウスの受精卵の2色の蛍光画像と微分干渉画像を同時取得し、重ね合わせた。

撮影ご協力:山下湘南夢クリニック 高度生殖医療研究所 甲斐 義輝先生

[画像例1]

共焦点レーザー顕微鏡システム「A1R HD25」と生物顕微鏡用対物レンズ「CFI プランアポクロマート Lambda S 40XC Sil」を用いて画像取得。
3D培養をした厚さ80~120μm程度のHela細胞の細胞塊。核、アクチン、ミトコンドリアの蛍光画像を同時取得し、重ね合わせた。

[画像例2]

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。