「iFデザインアワード2019(プロダクト部門)」を受賞

2019年2月15日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の製品が、iF International Forum Design GmbHが主催する「iFデザインアワード 2019」において、「iFデザインアワード 2019(プロダクト部門)」を受賞しました。

「iFデザインアワード」は、1953年から開催されている世界的に権威のあるデザイン賞で、プロダクトやコミュニケーション、パッケージなど複数の部門から構成されています。今回は、52か国から6,375件の応募があり、著名な専門家たちによって審査、選定されました。

[写真]

「iFデザインアワード 2019(プロダクト部門)」受賞製品

[写真]
ニコン Z マウントシステム
  • 「ニコン Z マウントシステム」は、大口径の新マウント採用のミラーレスカメラ、それに対応するNIKKOR Z レンズおよびアクセサリーで構成するシステムです。
[写真]
コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P1000」/
「ドットサイトDF-M1」
  • 望遠撮影時にフレーミングを補助する照準器

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。