高い光学性能と小型・軽量ボディーを両立し、超広角レンズにもかかわらずフィルターの装着が可能

「ニコン Z マウントシステム」対応の超広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」を発売

2019年2月14日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の、高性能超広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」を発売します。

「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」は、ニコンFXフォーマットで超広角14mmから広角30mmまでの焦点距離範囲を、開放F値4一定でカバーする超広角ズームレンズです。また、当製品は、「S-Line」に属します。「S-Line」とは、NIKKOR Z レンズにおいて新たに設定されたグレードで、ニコン独自の設計指針と品質管理を高い基準でクリアーし、特に高いレベルで光学性能を発揮するレンズに付けられます。

「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」は、内径55mmの大口径「Z マウント」とフランジバック16mmの組み合わせがもたらす高いレンズ設計自由度を活かし、従来の開放F値4の超広角ズームレンズからはイメージを一新する描写性能と、小型・軽量ボディーを実現しています。光学系には、EDレンズ4枚、非球面レンズ4枚を採用。画像最周辺部まで高い解像力を発揮し、有効画素数4575万画素の「ニコン Z 7」のような高画素デジタルカメラのポテンシャルを最大限に引き出します。さらに、ニコン独自のレンズ反射防止コーティング「ナノクリスタルコート」により、ゴースト、フレアを抑えたクリアーな画像が得られます。また、高い光学性能と携行性を両立。優れた光学性能を実現するために最低限必要な全長・寸法を確保しながらも、容易に持ち歩けるよう携行性を追求し、沈胴機構を採用しました。ボタンレスの沈胴機構により、ズームリングの回転操作で沈胴/沈胴解除が可能で、ボタン操作を伴う沈胴機構に比べ、すばやくスムーズに撮影できます。

さらに、超広角レンズにもかかわらず、レンズ設計の向上によって、最前面のレンズが平坦に近い形状を実現。ニコンFXフォーマット(フルサイズ)対応レンズとして世界で初めて※1、焦点距離14mmからの超広角ズームレンズでありながら、レンズ先端にフィルターを直接装着することが可能になりました。偏光フィルターやNDフィルターなど、従来は使えなかったフィルターの効果が楽しめ、さらに、フィルターやフードでレンズ最前面を保護できるため、防塵・防滴に配慮した設計と相まって、アクティブな撮影シーンでも安心して使用できます。
なお、レンズ最前面には、防汚性能に優れ、反射防止効果も備えたニコン独自のフッ素コートを採用しています。

レンズの鏡筒には、「コントロールリング」を搭載しています。M/A※2、絞り値、露出補正から機能を割り当てることが可能です。クリックレスの滑らかな操作感で、快適な撮影操作をサポートします。静粛な操作は、特に動画撮影時に有効です。また、フォーカスブリージングを効果的に抑制しており、動画撮影時にピント位置を手前から奥まで移動させても画角変化を伴わない自然な映像が得られるだけでなく、フォーカスシフト撮影時にも、深度合成が容易な画角のそろった写真が得られます。

高画質、高性能と高い機動性、操作性により、静止画、動画を問わず、超広角から広角までの焦点距離範囲を活かした、ダイナミックな映像表現をお楽しみいただけます。

発売概要

商品名 「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」
希望小売価格 ¥169,500(税別)
発売時期 2019年4月予定

日本での予約販売受付は、2月16日10時より開始します。

主な特長

主な仕様

商品名 「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」
マウント ニコン Z マウント
焦点距離 14mm-30mm
最大口径比 1:4
レンズ構成 12群14枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ4枚、ナノクリスタルコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 114°-72°(撮像範囲FX)
90°-50°(撮像範囲DX)
寸法 約89mm(最大径)×85mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで、沈胴時)
質量 約485g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。