「AFC アジアカップ UAE 2019」に協賛

2018年12月26日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する「AFC アジアカップ UAE 2019」(開催地:アラブ首長国連邦、開催期間:2019年1月5日~2月1日)に協賛します。

大会期間中は、ピッチサイドの看板、エスコートキッズのユニフォームやフォトグラファーが着用するビブスなどに「Nikon」ロゴを掲出する他、「NPS(ニコン・プロフェッショナル・サービス)」のサービスデポをラウンド16以降の試合で設置し、大会を訪れるプロフェッショナルフォトグラファーを対象に、カメラ機材の点検、清掃、応急修理、貸し出しなどのサポート・サービスを提供します。
さらに、現地販売子会社であるNikon Middle East FZE(社長:Menon Narendra、アラブ首長国連邦・ドバイ)が、来場者向けにニコンのデジタルカメラのタッチアンドトライコーナーや、デジタル一眼レフカメラを用いた記念撮影用コーナーを設置し、撮影した写真をSNSにアップした来場者に記念品を提供するなど、大会を盛り上げます。

AFCアジアカップは、4年に一度開催され、アジアNo.1を決める権威ある大会です。今回は、24の国と地域が参加し、大会の盛り上がりが期待されます。
ニコンは、2004年よりAFCが主催するサッカーイベントに協賛してきました。常に限界に挑戦するアスリートの姿に共感し、これからも国際的なスポーツイベントの協賛を通じてニコンのブランド認知とブランド価値向上につなげていきます。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。