自動運転の基盤技術LiDAR(Light Detection and Ranging)センサーの代表的な開発・製造企業、米国Velodyne LiDAR社へ出資

2018年12月21日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)は、自動運転の基盤技術であるLiDAR(Light Detection and Ranging)センサーの代表的な開発・製造企業であるVelodyne LiDAR,Inc.(CEO :David Hall, 本社:米国、以下Velodyne社)へ、US$25Mの出資を実施しました。

ニコンの光学技術および精密技術と、Velodyne社のLiDARセンサー技術の融合を目指し、両社は、技術開発および製造での協業を含めた、幅広い多角的なビジネスアライアンスの検討を開始しました。

Velodyne LiDAR社概要

会社名 Velodyne LiDAR, Inc.
本社所在地 5521 Hellyer Avenue, San Jose, California
CEO Mr. David Hall
設立 2015年12月
資本金 $4,620
従業員数 約550名
事業内容 LiDAR(Light Detection and Ranging)センサーの開発・製造

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。