手持ちで超望遠撮影が楽しめる高い機動性と、優れた光学性能、機能を備えた

ニコンFXフォーマット対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を発売

2018年8月23日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の超望遠単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」を発売します。

「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」は、PF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズの採用で、最大径約106mm、長さ約237mm、質量約1,460gの小型・軽量ボディーを実現しています。従来の3,000gを上回る500mm単焦点レンズと比較すると、大幅な小型・軽量化を達成しており、質量は「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR」とほぼ同等。焦点距離500mmの高性能超望遠レンズながら、手持ちでの超望遠撮影が楽しめます。また、防塵・防滴に配慮した設計、レンズ最前面にフッ素コートを採用するなど、屋外でも安心して撮影が可能です。

光学系にはPFレンズ1枚、EDレンズ3枚を採用しており、高画素デジタルカメラに対応した高い解像力を発揮します。また、新開発のPFレンズの素材でPF(回折)フレアを大幅に抑制し、光源は本来により近い色で再現可能です。ゴースト、フレアの抑制効果の高いナノクリスタルコートをはじめとするニコンのコーティング技術との相乗効果で、極めてクリアーな画像が得られます。

その他、フォーカス用レンズ群の軽量化によりAF速度の高速化を実現。さらに、手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)のVR機構を搭載し、VRモードには[SPORT]モードも採用。スポーツシーンや野鳥の撮影など、動きの変化が激しい被写体を狙う場合でもファインダー像が安定し、静止画撮影はもちろん、動画撮影にも有効です。

また、同日発表のミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」でも、「マウントアダプター FTZ」を介して使用可能です。焦点距離500mmの超望遠撮影を、さらに小型のカメラシステムでお楽しみいただけます。

PF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズ:
ニコンが開発した、光の回折現象を利用して色収差を補正するレンズです。PF素子と通常のガラスレンズを組み合わせることで、優れた色収差補正能力を実現。PFレンズの強力な色消し効果によって、レンズの薄肉化や比重の小さい硝材の使用ができ、レンズの軽量化が可能です。

発売概要

商品名 「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」
希望小売価格 \506,000(税別)
発売時期 2018年9月14日予定

主な特長

主な仕様

焦点距離 500mm
最大口径比 1:5.6
レンズ構成 11群19枚(EDレンズ3枚、PF(位相フレネル)レンズ1枚)
画角 ・5°(FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
・3°10’(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
寸法 106mm(最大径)× 237mm
(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約1460g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。