デジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」および超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」が「EISA AWARD」を受賞

2018年8月16日PRESS RELEASE/報道資料

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」および超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」が、欧州を代表する権威ある賞「EISA AWARD」において、それぞれ「EISA PROFESSIONAL DSLR CAMERA 2018-2019」と「EISA PROFESSIONAL LENS 2018-2019」を受賞しました。

「D850」概要

[写真]
[写真]

「D850」(2017年9月発売)は、有効画素数4575万画素の高画素と、ボディー単体で約7コマ/秒※1(マルチパワーバッテリーパック「MB-D18」装着時で約9コマ/秒※1※2)の高速連続撮影を実現し、高い性能と多彩な機能で映像表現の可能性を大きく拡げたデジタル一眼レフカメラです。FXフォーマットベースフルフレームでの4K UHD(3840×2160)/30p動画が撮影できるほか、8Kのタイムラプス動画※3制作に威力を発揮する、インターバルタイマー撮影も可能です。
高画質、優れた高速性、人間工学に基づいたデザイン、低消費電力設計、高度な防滴・防塵性能、サイレント撮影などの機能を備え、国内外で高く評価されています。

「D850」の「EISA PROFESSIONAL DSLR CAMERA 2018-2019」受賞理由(EISAコメント要旨)

「D850」は、ユーザーのいかなる要望にも応えることができる、パワフルで優れたデジタル一眼レフカメラである。有効画素数4575万画素、裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、高精細な静止画とフルフレーム4K UHD動画の両方を撮影できる。また、ボディー単体で約7コマ/秒(Li-ionリチャージャブルバッテリー「EN-EL18b」を装填したマルチパワーバッテリーパック「MB-D18」装着時で約9コマ/秒)の高速連続撮影が可能。「D5」と同じ153点AFシステムを搭載しているため、動く被写体を確実に捉えることができる。また、大きく明るい光学ファインダーにより、構図をたやすく決定することが可能だ。

「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」概要

[写真]
[写真]

「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」(2018年3月発売)は、180mmから400mmまでの焦点距離をカバーするFXフォーマット対応の超望遠ズームレンズです。一眼レフカメラ用NIKKORレンズで初めてテレコンバーターを内蔵し、テレコンバーター使用時には超望遠560mmまで焦点距離を拡げることができます。優れた操作性を実現した内蔵テレコンバーター切り換えレバーにより、スムーズに切り替えが可能です。レンズ構成には、蛍石レンズ1枚、EDレンズ8枚を採用し、高画素デジタルカメラに最適な安定した解像力を発揮します。さらにナノクリスタルコートにより、ゴーストやフレアを抑えたクリアーな画像が得られます。
フィールドスポーツをはじめとするプロフェッショナルフォトグラファーのアクティブな超望遠撮影に最適なレンズです。

「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」の「EISA PROFESSIONAL LENS 2018-2019」受賞理由(EISAコメント要旨)

ニコン初の一眼レフカメラ用テレコンバーター内蔵レンズは、スポーツなどを撮影する多くのプロフェッショナルフォトグラファーの願いを叶える。操作性に優れたテレコンバーターを使用することにより、最大絞りf/5.6で560mmまでの焦点距離をカバーする。最大絞りでの撮影でも、ズーム範囲全体で鮮明な画像を得ることができる。また、手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)によって安定した撮影が可能だ。優れた防塵・防滴・防汚性能を備え、保護ガラスの前面には水や埃、汚れが付着しにくいフッ素コートを採用している。

「EISA AWARD」について

「EISA(European Imaging and Sound Association)」は、欧州をはじめとする25ヶ国の写真・オーディオ・ビデオ・モバイル機器関連専門誌約55誌が加盟している団体です。35年以上にわたって毎年、欧州で発売された映像関連商品の中から、カテゴリーごとにもっとも優れた商品を選出しています。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。