デジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」が、「カメラグランプリ 2018」にて「あなたが選ぶベストカメラ賞」と「カメラ記者クラブ賞」を受賞

2018年5月21日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]
[写真]

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」が、「カメラグランプリ 2018」において、「あなたが選ぶベストカメラ賞」および「カメラ記者クラブ賞」を受賞しました。

「カメラグランプリ」は、写真・カメラ専門の雑誌・Web媒体の担当者の集まりであるカメラ記者クラブ(1963年9月発足、2018年4月現在10媒体が加盟)が主催するカメラ・レンズ関連の賞です。今回は、2017年4月1日から2018年3月31日の間に発売された製品の中から各賞が選ばれました。

「D850」が今回受賞した「あなたが選ぶベストカメラ賞」は、一般ユーザーの選考によるもので、今回は2018年3月23日から4月12日にウェブ上で投票が行われました。また、「カメラ記者クラブ賞」は、「大賞」を受賞したカメラを除くすべてのカメラと写真製品・機材の中から、大衆性、話題性、先進性に特に優れた製品をカメラ記者クラブ会員が選ぶ賞です。

「D850」は、写真・映像関連の賞「TIPA WORLD AWARDS 2018」において「BEST DSLR PROFESSIONAL」を受賞。また、世界的に権威のあるデザイン賞「iFデザインアワード 2018」において「iFデザインアワード 2018(プロダクト部門)」を受賞したほか、2017年9月の発売以降、国内外で多数の賞を受賞しています。

なお、「D850」の魅力を紹介する、スペシャルコンテンツ「D850新たな撮影領域を切り拓く」に、新しいコンテンツを追加しました。是非ご覧ください。

「D850」の主な特長

「D850」の選考理由 -「カメラグランプリ 2018」実行委員会のコメント-

光学ファインダーを用いるデジタル一眼レフカメラとしての完成形。クイックリターンミラーを装備した名機として歴史に残るカメラ。有効4575万画素という超高画素でありながら、高い次元で高速性能と高感度性能を実現。上位機と同じAFシステムによる確実で高速なフォーカスに加え、ボディー単体で約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック「MB-D18」とLi-ionリチャージャブルバッテリー「EN-EL18b」または「EN-EL18a」を組み合わせれば最高約9コマ/秒の高速連続撮影を実現。低感度から高感度も高い画質であり、オートホワイトバランスの精度も高い。一点突破ではなくすべての面でバランスがとれており、報道やスポーツ、ポートレート、鉄道、風景などジャンルを問わない万能性を高い次元で実現している。丁寧な作りで思い通りに操れるスムーズな操作感も魅力。一眼レフとしての機能と使い勝手を磨き上げ、一眼レフの矜持を見せてくれた。写真愛好家が憧れる一眼レフとして仕上がっている。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。