ニコンの業績

2021年3月期の概況

売上収益 4,512億円(前期比 -1,398億円)
営業利益 -562億円(前期比 -629億円)

映像事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりデジタルカメラ市場は一時的に大幅な需要減少が見られましたが、下半期以降に急速な回復が見られました。

精機事業においては、FPD関連分野は中小型パネル用、大型パネル用、いずれも設備投資は堅調に推移しました。半導体関連分野の設備投資は回復基調となりました。

ヘルスケア事業においては、バイオサイエンス分野及び眼科診断分野ともに、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、市況は総じて低調に推移しましたが、第3四半期以降は持ち直しの動きが見られました。

売上収益と営業利益・親会社の所有者に帰属する当期利益

売上収益の推移

2021年3月期の売上収益 4,512億円。2022年3月期の売上収益予想は、5,100億円。

営業利益・親会社の所有者に帰属
する当期利益の推移

2021年3月期の営業利益 -562億円、当期利益 -344億円。2022年3月期の営業利益予想 200億円、当期利益予想 160億円。

関連投資家情報

より詳しい情報は以下のページをご参照ください。