企画展

ニコンの製品や事業に関連したユニークなテーマで企画展を開催しています。

開催中


企画展「鉄道の記録 1969–1976 名古屋レール・アーカイブス」

展示期間:2019年10月1日(火)~12月26日(木)

ニコンミュージアムでは、2019年10月1日から12月26日まで、企画展「鉄道の記録 1969–1976 名古屋レール・アーカイブス」を開催します。

昭和40年代から50年代にかけて、日本全国にはさまざまな鉄道が存在し、人々の暮らしと密着していました。本展では、NPO法人名古屋レール・アーカイブス(NRA)の会員の方々が、1969年から1976年の間にニコン一眼レフカメラで撮影した各地の約80線区に及ぶ鉄道写真約180点を、「ナローゲージ」「国鉄」「蒸気機関車」「民鉄」「路面電車」「鉄道風景」の6つのテーマに分けて展示します。また、同法人が所蔵する乗車券、時刻表などの鉄道関連資料も併せて公開します。鉄道ファンがフィルムに焼き付けた、古き良き時代の人と鉄道の関係をご堪能ください。

NPO法人 名古屋レール・アーカイブス

鉄道ファンが長年にわたり収集した鉄道関連の資料の散逸を防ぎ、組織的に保存し、研究者や報道機関に提供することで、鉄道の持つ意義と歴史を後世に正しく伝えることを目的として2005年に設立。翌2006年にNPO法人として認証される。寄贈写真のデジタル化や所蔵資料を活かした展示会などイベントの開催、会報誌の発行など、積極的に活動を展開している。

展示内容 鉄道写真 約180点
乗車券、時刻表などの鉄道関連資料
協力 NPO法人 名古屋レール・アーカイブス

次期開催予定


企画展 一ノ瀬泰造「戦場の真実、硝煙の中に生きる人々」

展示期間:2020年1月6日(月)~3月28日(土)

ニコンミュージアムでは、2020年1月6日(月)から3月28日(土)まで、企画展 一ノ瀬泰造「戦場の真実、硝煙の中に生きる人々」を開催します。

本展では、一ノ瀬泰造が、1972年から1973年にかけて撮影したカンボジア、ベトナムの戦場写真など約40点を展示。また、泰造が使用し被弾したカメラ「ニコンF」、母・信子に送った直筆の手紙などの遺品、約15点も展示します。

本展の作品セレクトや展示構成は、泰造の姪である永渕教子氏が担当しています。世界的なスクープを目指して駆け回った戦場の作品から、戦争に翻弄されながらも力強く生きる人々の記録などをセレクトし、泰造が伝えたかった真実と彼の生き様を感じていただける展示をねらいとしています。

一ノ瀬泰造(いちのせ たいぞう)

1947年 佐賀県武雄市生まれ。1972年からフリーの報道写真家として約2年、バングラデシュ、ベトナム、カンボジアの激動地帯を駆け抜け、世界的なスクープを目指す。1973年11月、「地雷を踏んだらサヨウナラ」の言葉を残し、当時、武装組織クメールルージュの支配下にあったアンコールワットに向かい消息を断った。

展示内容 カンボジア、ベトナムの戦場写真など約40点
カメラ「ニコンF」、報道腕章、ヘルメット、直筆の手紙などの遺品、約15点
監修 永渕教子
協力 武雄市図書館・歴史資料館
『届いた手紙』 1972年10月25日 ベトナムにて、一ノ瀬泰造撮影
一ノ瀬泰造
被弾したカメラ「ニコンF」と報道腕章、ヘルメット

過去の企画展

過去に開催した企画展をご紹介します。

企画展「科学のふしぎ写真展」

展示期間 2019年7月2日~9月28日
展示内容 伊知地国夫氏撮影の科学写真 約20点

企画展「コレクション展」

展示期間 2019年4月2日~6月29日
展示内容 カメラ、測定機器、産業用装置など約30点
映画「科学の眼-ニコン-」

企画展 吉田六郎写真展「雪の結晶」

展示期間 2019年1月7日~3月30日
展示内容 雪の結晶写真 60点
映画『雪・結晶の観察』(東映 1960年)の上映
雪の結晶のでき方、分類など解説パネル展示
大型写真パネル
監修 吉田晃史氏
協力 東映株式会社
一般財団法人 中谷宇吉郎記念財団
中谷宇吉郎 雪の科学館
大阪教育大学名誉教授 山下晃氏
名古屋大学名誉教授 故樋口敬二氏とそのご遺族

企画展「幻の試作レンズたち─ミラーレス Z 7がとらえた魅惑の描写」

展示期間 2018年10月2日~2018年12月27日
展示内容 試作レンズ 約60点
作例写真

企画展「ニコン双眼鏡・100年の歴史」

展示期間 2018年7月3日~2018年9月29日
展示内容 双眼鏡 約300点
カタログ
ドレス
協力 国立科学博物館
杉野学園ドレスメーカー学院

企画展「世界最高解像度レンズの系譜 ウルトラマイクロ ニッコール」

展示期間 2018年4月3日~2018年6月30日
展示資料 「ウルトラマイクロ ニッコール」などのレンズ約40本
電子機器など約40点

企画展「Fの時代 広田尚敬」

展示期間 2018年1月5日~2018年3月31日
展示作品 写真作品60点以上
インタビュー映像
新撮作品映像
撮影機材など

創立100周年記念企画展 第4回(最終回)「Fマウント・NIKKORの世界」

展示期間 2017年10月3日~2017年12月27日
展示資料 「Fマウント・NIKKOR」レンズ 約400点
フィッシュアイ・ニッコール天球儀など

創立100周年記念企画展 第3回「世紀の記憶 デビッド・ダグラス・ダンカン」

展示期間 2017年7月4日~2017年9月30日
展示作品 写真24点、インタビュー映像など
展示協力 ジョセフ・マクナリー スタジオ
テキサス大学ハリーランソンセンター

創立100周年記念企画展 第2回「カメラ試作機~開発者たちの思い」

展示期間 2017年4月4日~2017年7月1日
展示資料 カメラ試作機 約40点

創立100周年記念企画展「植村直己 極地の撮影術」

展示期間 2017年1月5日~2017年4月1日
展示作品 写真作品約20点、装備品など約20点
展示協力 公益財団法人植村記念財団、豊岡市立植村直己冒険館、株式会社文藝春秋

企画展「花宴」

展示期間 2016年10月4日~2016年12月27日
展示作品 「太陽の花びら」、「薔薇」
展示協力 秋山庄太郎写真芸術館

企画展「亀倉雄策と歩む」

展示期間 2016年7月4日~2016年10月1日
展示作品 ニコン関連の作品を中心に約70点
展示協力 亀倉雄策資料室、(株)リクルートホールディングス クリエイションギャラリーG8、新潟県立近代美術館、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所、日本カメラ博物館ほか

企画展「時代を超える富士山の美―岡田紅陽」

展示期間 2016年4月1日~7月2日
展示作品 「山波」「雪の日」「白い峰」
展示協力 岡田紅陽写真美術館

企画展「土門拳の眼」

展示期間 2016年1月5日~3月31日
展示作品 古寺巡礼第二集より
「唐招提寺金堂 千手観音立像 右脇千手詳細」
「唐招提寺金堂 千手観音立像 左脇千手詳細」
展示協力 土門拳記念館

企画展「木村伊兵衛—おばこ」

展示期間 2015年10月17日~12月26日
展示作品 「おばこ」