企画展・イベント

ニコンの製品や事業に関連したユニークなテーマで、企画展示やイベントを開催しています。

企画展「コレクション展」

展示期間:2019年4月2日(火)~6月29日(土)

ニコンミュージアムでは、2019年4月2日から6月29日まで、企画展「コレクション展」を開催します。

ニコンには100年以上にわたる歴史があり、ニコンミュージアムはその歴史に関連する資料、約4万点を所蔵しています。本展では、この膨大な資料の中から、1930年代から1990年代にかけてつくられた製品など約30点を展示します。カメラ、測定機器、産業用装置など、幅広いジャンルから選出された資料を通して、知られざるニコンをご覧いただく貴重な機会となります。また、企画展エリア内に設置したスクリーンでは、ニコン(当時:日本光学工業)が1966年に企画した映画「科学の眼-ニコン-」をリピート上映します。

主な展示物
測風経緯儀(1930年)、フィッシュアイ・ニッコール 16.5mm F8(1941年)、ニコンSブラック(1951年)、テレビジョン用投影装置(1955年)、ニコン50mmアストロカメラ(1971年)、ニコンF50ゴールド(1997年)など

展示内容 カメラ、測定機器、産業用装置など約30点
映画「科学の眼-ニコン-」
映画「科学の眼-ニコン-」

「ニコン Z 7」で4K撮影した高画質ショートムービー上映開始のお知らせ

上映開始:2019年3月4日(月)

ニコンミュージアムでは、「ニコン Z 7」で人物、タンチョウ、旅客機、夜景を撮影した4K映像作品を、館内の大型(約100インチ)スクリーンで3月4日から上映します。

映像は、いずれも3分程度のショートムービーで、気軽にご覧いただけます。 「ニコン Z 7」の優れた動画性能を実感いただくとともに、スチール(静止画)作品を得意とする写真愛好家の方々に、動画撮影への関心を高めていただける作品となっています。

人物(女性モデル)編「a relaxing time」
女性モデルの表情の変化、しぐさ、動きなどをとらえた、静止画とは異なる動画ならではの作品。主に「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」で撮影。

タンチョウ編「Red-crowned Crane」
写真愛好家に人気の高いタンチョウを、主に「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」と「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」で撮影。

旅客機編「Beyond the sky」
羽田空港を離着陸する旅客機の流麗なフォルムと滑らかな機体の動きをとらえた作品。主に「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」で撮影。

夜景(ヘリ空撮)編「TOKYO from the air」
夕暮れから夜景に移り行く美しい都心の姿をとらえた作品。特に空撮用の防振装置などは用いず、「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」で撮影。

映像作品 人物(女性モデル)編「a relaxing time」
タンチョウ編「Red-crowned Crane」
旅客機編「Beyond the sky」
夜景(ヘリ空撮)編「TOKYO from the air」

シアター新作品「新東名高架橋とニコン トータルステーション」上映開始のお知らせ

上映開始:2019年2月12日(火)

新映像作品「新東名高架橋とニコン トータルステーション」を、2019年2月12日(火)から館内シアターで上映します。

作品では、橋脚の最大高さ46メートル、全長約500メートルにおよぶ新東名高速道路 中島高架橋(静岡県駿東郡小山町)の建設現場で、同プロジェクトを推進する現場監督にインタビュー。安全、スムーズに工事を進めることの難しさや、仕事としてのおもしろさ、やりがいなどをお聞きするとともに、巨大高架橋工事を支えるニコン トータルステーション「Nivo-Z」について紹介します。

  • この作品は、各分野のプロフェッショナルたちの技と、それを支えるニコン製品をテーマにしたニコンミュージアムオリジナルのシリーズ「Professionals & Nikon」の第3弾です。

「ニコン Z 7」で撮影
本作品は、空撮などの一部映像を除き、「ニコン Z 7」、Zマウントレンズ、Fマウントレンズで撮影しました。フルフレーム4K UHD撮影により、高精細な映像作品に仕上がっています。

追加コンテンツ Professionals & Nikon—ニコンが支える、職人技の世界③
新東名高架橋とニコン トータルステーション
取材協力 中日本高速道路株式会社
株式会社大林組

企画展 吉田六郎写真展「雪の結晶」

展示期間:2019年1月7日(月)~3月30日(土)

ニコンミュージアムでは、2019年1月7日から3月30日まで、新たな企画展として、吉田六郎写真展「雪の結晶」を開催します。

吉田六郎は、100年前の1919(大正8)年、秋田県平鹿郡(現:横手市)に生まれた写真家・映画監督です。現代の雪の結晶の写真によくみられるブルーバック写真の照明法の元祖である「一光源二色照明法」の考案者として知られています。

本展は初となる本格的な回顧展として、吉田六郎が撮影した顕微鏡写真60点を中心に、吉田六郎が用いた撮影システムについての解説、世界で初めてのブルーバックの顕微鏡撮影が用いられた映画『雪・結晶の観察』の上映などを通じ、吉田六郎の雪の結晶写真の全貌を紹介します。
本展の作品選択、展示構成は、吉田六郎の孫にあたる吉田晃史氏の監修によるものです。

吉田六郎
1919年、秋田県平鹿郡十文字町(現:横手市)生まれ。『雪・結晶の観察(1960年)』で現在の雪の標準的カラー撮影法である「一光源二色照明法」を開発。1970年から雪の結晶写真撮影をライフワークと定め、生涯を通して数千点の写真を残す。1995年12月1日没。著書に写真集『天から送られた手紙』、ポストカードブック『雪の結晶』、絵本『きらきら』(文 谷川俊太郎)などがある。

展示内容 雪の結晶写真 60点
映画『雪・結晶の観察』(東映 1960年)の上映
雪の結晶のでき方、分類など解説パネル展示
大型写真パネル
監修 吉田晃史氏
協力 東映株式会社
一般財団法人 中谷宇吉郎記念財団
中谷宇吉郎 雪の科学館
大阪教育大学名誉教授 山下晃氏
名古屋大学名誉教授 故樋口敬二氏とそのご遺族
吉田六郎と自作の撮影装置

過去の企画展・イベントほか

過去に開催した企画展・イベントなどをご紹介します。

シアター上映コンテンツ「フェリー さんふらわあとニコン双眼鏡」追加のお知らせ

上映開始 2018年12月10日
追加コンテンツ Professionals & Nikon—ニコンが支える、職人技の世界②
フェリー さんふらわあとニコン双眼鏡
取材協力 株式会社フェリーさんふらわあ

シアター上映コンテンツ「雫石高級時計工房 組立師—ニコン実体顕微鏡 SM-5」追加のお知らせ

上映開始 2018年11月1日
追加コンテンツ Professionals & Nikon—ニコンが支える、職人技の世界①
雫石高級時計工房 組立師—ニコン実体顕微鏡 SM-5
取材協力 セイコーインスツル株式会社
盛岡セイコー工業株式会社

企画展「幻の試作レンズたち─ミラーレス Z 7がとらえた魅惑の描写」

展示期間 2018年10月2日~2018年12月27日
展示内容 試作レンズ 約60点
作例写真

サイエンスドラマ「それいけ! ネイチャー刑事(ポリス)」感想文コンクール 入選作品決定

館内掲示 2018年10月15日~

来場者10万人達成

達成日 2018年7月7日

シアター上映コンテンツ追加のお知らせ

上映開始 2018年5月14日
追加コンテンツ 後藤哲朗が語る① 宇宙探査に貢献するニコン・スペースカメラ
後藤哲朗が語る② 冒険家植村直己のための極地仕様ニコン
後藤哲朗が語る③ 作家松本清張のための特別なニコン

企画展「ニコン双眼鏡・100年の歴史」

展示期間 2018年7月3日~2018年9月29日
展示内容 双眼鏡 約300点
カタログ
ドレス
協力 国立科学博物館
杉野学園ドレスメーカー学院

サイエンスドラマ「それいけ! ネイチャー刑事ポリス」感想文コンクール

開催日 2018年7月7日~2018年9月3日

ニコンミュージアム夏休みイベント 小学生向け工作教室「イラストプロジェクターをつくろう」

開催日 2018年8月10日
講師 伊知地 国夫(いちじ くにお)氏

サイエンスドラマ「それいけ! ネイチャー刑事ポリス」上映会&佐々木洋トークショー

開催日 2018年7月7日
講師 佐々木 洋(ささき ひろし)氏

企画展「世界最高解像度レンズの系譜 ウルトラマイクロ ニッコール」

展示期間 2018年4月3日~2018年6月30日
展示資料 「ウルトラマイクロ ニッコール」などのレンズ約40本
電子機器など約40点

企画展「Fの時代 広田尚敬」

展示期間 2018年1月5日~2018年3月31日
展示作品 写真作品60点以上
インタビュー映像
新撮作品映像
撮影機材など

企画展連動イベント「広田尚敬トークライブ」

開催日 第1回 2018年1月13日
第2回 2018年2月24日
第3回 2018年3月17日
講師 広田 尚敬(ひろた なおたか)氏
ゲスト 第1回 上島幸隆氏(鉄道写真家、ルーマニアの森林鉄道展など開催)
第2回 後藤哲朗(ニコンフェロー)
第3回 山下修司氏(ネコ・パブリッシング 鉄道事業部長、「国鉄時代」編集長)

創立100周年記念企画展 第4回(最終回)「Fマウント・NIKKORの世界」

展示期間 2017年10月3日~2017年12月27日
展示資料 「Fマウント・NIKKOR」レンズ 約400点
フィッシュアイ・ニッコール天球儀など

創立100周年記念 ニコンミュージアム新ユニフォームデザインコンペ 授賞式を開催

開催日 2017年7月12日
協力 杉野学園ドレスメーカー学院

展示内容とスタッフユニフォームのリニューアル

更新日 2017年7月24日
主な変更内容 ハンズオンコーナー
望遠レンズ、試作機展示
カタログライブラリー
ニコンの測量機の歴史
音声ガイドサービス
スタッフユニフォーム

創立100周年記念企画展 第3回「世紀の記憶 デビッド・ダグラス・ダンカン」

展示期間 2017年7月4日~2017年9月30日
展示作品 写真24点、インタビュー映像など
展示協力 ジョセフ・マクナリー スタジオ
テキサス大学ハリーランソンセンター

ニコンミュージアム夏休み小学生向けイベント

イベント ファミリー向けサイエンス教室「光の足し算」
開催日 2017年8月2日
イベント 小学生向け工作教室「イラストプロジェクターをつくろう」
開催日 2017年8月5日
講師 伊知地 国夫(いちじ くにお)氏

創立100周年記念企画展 第2回「カメラ試作機~開発者たちの思い」

展示期間 2017年4月4日~2017年7月1日
展示資料 カメラ試作機 約40点

ニコンミュージアム・トークライブ「後藤哲朗、試作機を語る」

開催日 2017年6月10日
講師 後藤 哲朗(ごとう てつろう)

創立100周年記念企画展「植村直己 極地の撮影術」

展示期間 2017年1月5日~2017年4月1日
展示作品 写真作品約20点、装備品など約20点
展示協力 公益財団法人植村記念財団、豊岡市立植村直己冒険館、株式会社文藝春秋

企画展「花宴」

展示期間 2016年10月4日~2016年12月27日
展示作品 「太陽の花びら」、「薔薇」
展示協力 秋山庄太郎写真芸術館

オープン1周年記念イベント

イベント ファミリー向けサイエンス教室「光の足し算」
開催日 2016年10月29日
イベント ニッコール千夜一夜物語トークライブ
開催日 2016年11月12日
イベント ニコンカメラトークライブ 阿部秀之VS後藤哲朗
開催日 2016年11月19日

企画展「亀倉雄策と歩む」

展示期間 2016年7月4日~2016年10月1日
展示作品 ニコン関連の作品を中心に約70点
展示協力 亀倉雄策資料室、(株)リクルートホールディングス クリエイションギャラリーG8、新潟県立近代美術館、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所、日本カメラ博物館ほか

ニコンミュージアム夏休み小学生向けイベント

イベント ささき隊長のナンコレ生物調査隊
開催日 2016年8月2日、18日
講師 佐々木 洋(ささき ひろし)氏
イベント カメラのレンズでイラストプロジェクターをつくろう
開催日 2016年8月6日、27日
講師 伊知地 国夫(いちじ くにお)氏
イベント わくわくカメラ塾 ~みんなでキラキラを撮ってみよう!
開催日 2016年8月20日
講師 石田 美菜子(いしだ みなこ)氏

企画展「時代を超える富士山の美―岡田紅陽」

展示期間 2016年4月1日~7月2日
展示作品 「山波」「雪の日」「白い峰」
展示協力 岡田紅陽写真美術館

企画展「土門拳の眼」

展示期間 2016年1月5日~3月31日
展示作品 古寺巡礼第二集より
「唐招提寺金堂 千手観音立像 右脇千手詳細」
「唐招提寺金堂 千手観音立像 左脇千手詳細」
展示協力 土門拳記念館

企画展「木村伊兵衛—おばこ」

展示期間 2015年10月17日~12月26日
展示作品 「おばこ」