1950 One Minute Story 世界が認めたメイド・イン・ジャパン

ダンカンとニッコールレンズの出会い

朝鮮戦争勃発の直前、1950年6月上旬のとある日 世界最大の写真雑誌「ライフ」の東京支社(京橋)に2人の男がいた

1人は、デビッド・ダグラス・ダンカン 日本美術撮影のために来日したライフ誌の写真家、

もう1人は、三木淳 ダンカンのアシスタントを務めることになった日本人唯一のライフ誌写真家

そこに、写真家の村井龍一がやってきた

彼のニッカカメラにはダンカンに馴染みのないレンズが付けられていた

ニッコール85mm F2

三木はそのカメラでダンカンを撮る

カシャ

ダンカン:「そのレンズは?」

三木:「日本製ゾナー※さ」※ゾナー=独カールツァイス製レンズ

ダンカン:「ハハ、日本製ゾナーね。日本製キャデラックはどこ?」

物まねはうまいが、品質は劣る それが、当時の「Made in Japan」の評判だった

翌日

三木:「昨日のポートレート、現像したよ」

ダンカン:「え、これは……?!」

「何てシャープなんだ!」「三木、この会社にすぐに行くぞ!」

世界がニッコールと「出会った」瞬間だった。

この後、ダンカンと三木に起きたこととは……。

大井工場で購入を即断

その翌日、三木は、ダンカンと「フォーチュン誌」のホレス・ブリストルをともなって、日本光学(現:ニコン)大井工場を訪れた。工場ではダンカンとブリストルがもっていたライツ、ツァイスレンズとニッコールレンズとを投影検査機で比較。その結果を見た彼らは、ライカ用ニッコールレンズの購入を即断した。
そのすぐ後となる1950年6月25日、朝鮮戦争が勃発すると、ダンカンは2台のライカにニッコール50mm F1.5と135mm F4を付け、前線に飛んだ。
彼の撮った写真を見て、タイム・ライフ本社は「どんな機材を使っているんだ?どんなレンズを使っているんだ?」などと問い合わせた。ダンカンは「ニッコールレンズさ」と返信した。
これがきっかけでニッコールレンズやニコンカメラを買い求めるアメリカの写真家たちがでてきた。前線から東京のプレスクラブに戻った彼らのカメラは、日本光学製であるなしを問わず、夜を徹して無償でクリーニングされた。

「Made in Japan」のイメージを一変

厳寒の朝鮮半島北部での撮影。他のすべてのカメラが凍りついて作動しなかったときにも、ニコンだけが確実に動き、苛烈な戦争の様相を記録し続け、「ライフ」誌面を飾った。ダンカンたちがニッコールで撮影した写真には、1950年度USカメラ賞が授与された。
1950年12月10日発行のニューヨーク・タイムズ紙は、「日本のカメラ」という見出しで、その優秀性を大きく報道した。これにより、ニコンとニッコールレンズは世界に注目され、それまでの「Made in Japan」にあった「安かろう、悪かろう」イメージを払拭する契機となった。

ニコンによる作品が掲載された「ライフ」表紙
LIFE logo and cover design©Time Inc. LIFE and the LIFE logo are registered trademarks of Time Inc. used under license.

1950年12月10 日発行の「ニューヨーク・タイムズ」の記事 ©2018 The New York Times

ニコンのカメラとニッコールレンズで
世界中を撮り続けた報道写真家
David Douglas Duncan(デビッド・ダグラス・ダンカン)

1916年―2018年。
アメリカの報道写真の第一人者。従軍写真家として太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争などを撮影、その作品はニューヨーク・タイムズ紙、ライフ誌などに発表された。またピカソの肖像写真の撮影でも知られている。

この動画は2012年、ダンカン氏97歳のときにニコン創立100周年事業の一環として収録したものです。