サプライチェーンマネジメント

2017年3月期の主な取り組み・成果

図
ニコングループが製品の原材料や部品などを調達しているパートナーの数は、2017年3月末現在、約1,700社(主要調達パートナー約700社)。また、主要調達パートナーを取引金額でみると、ニコンの主要生産拠点のある国が多く、その比率は、日本23%、中国40%、タイ28%となった。
図
コンゴ民主共和国やその隣接国において、人権侵害を起こしている武装勢力が採掘・仲介などした紛争鉱物(タンタル、錫、タングステン、金)を使用しないために、ニコン製品で使用するこれら4鉱物の原産国調査を実施。2016年調査では、調査対象となった調達パートナー740社のうち、99%から回答を回収した。

ニコングループでは、お客様の期待に応える製品の継続的な提供と、より良い社会・地球環境づくり、企業の持続的発展の実現をめざして「ニコン調達基本方針」を掲げ、誠実で公正な資材調達を行っています。

また、調達パートナーの皆様の協力のもと、「ニコンCSR調達基準」に基づき、腐敗や人権、環境などの社会課題に配慮した責任ある調達に取り組んでいます。

関連情報