ニコンのCSR

2016年3月期の主な取り組み・成果

82名

CSR重点課題を検討する過程で、ステークホルダーである世界各地の社員約82名から意見を収集

10年

2015年11月に第20回CSR委員会を開催。ニコンにCSR委員会を設置してから10年が経過

ニコングループの社会的責任(CSR)は、企業理念である「信頼と創造」を事業活動の中で具現化し、社会の持続可能(サステナブル)な発展に貢献していくことです。

社会では、資源の枯渇や気候変動などの環境問題、サプライチェーンの労働や人権の問題など、さまざまな課題が深刻な状況にあり、その解決に向けて、企業が果たすべき役割は大きくなっています。ニコングループは、社会の持続可能な発展に貢献するために、CSR重点課題ごとに目標を立て、CSR活動に積極的に取り組んでいます。