社員紹介

ITの戦略的活用で、
ニコングループ全体を牽引していく。

写真1
情報システム
伊藤 隆将
システム本部
専攻:情報
2003年入社

ITの活用でビジネスに変革を

わたしが所属する部署では、「ITの戦略的活用でニコングループ全体のビジネスに変革を与える」という理念を持って、長期的な戦略の策定やIT投資の最適化を図る役割を担っています。IT戦略を立てるために最新のITトレンドをキャッチアップすることはもちろん、グループ全体の業務を網羅する必要があり、幅広く業務内容を知ることができるのも楽しみのひとつです。いろいろな部署の方々と、将来ニコングループが目指す姿をともに検討していくことにやりがいを感じます。

写真2

大学時代は知識を吸収するための土台

学生時代に学んだことがすぐに仕事にいかせる場面は多くはありませんでしたが、学生時代に学んできた情報処理やシステムの基礎知識が、新たな知識を習得するための土台になったのは確かです。学生時代は何に役立つのかわからずに勉強していたことも、仕事を通して他の知識とつながって一気に理解が深まった経験もありました。少しでも興味を持ったものへの知識をどんどん習得すると、思わぬタイミングでシナジー効果を発揮することがありますね。

世界中のユーザーに利用してもらうやりがい

入社当初から取り組んだ「インターネットWebシステム構築」です。インターネットを活用してニコン製品のよさをアピールするとともに、楽しみ方を伝えるWebシステムの構築をマーケティング部門と協働で行いました。そこでオンラインショップサイトや製品紹介サイト、会員登録などの仕組みづくりを担当。世界中からアクセスでき、多くのユーザーに利用してもらえるという点でやりがいを感じました。その半面、少しのミスが多くの利用者の方に迷惑をかける可能性があるので、緊張感を持って仕事に取り組んでいました。

写真3

積極的にひとを育てる職場

システム本部は壁のないワンフロアで仕事をしています。上司と部下の関係であっても気軽に意見のいえる職場で、何気ないことでも先輩や同僚へ相談しやすい環境です。また不足している技能や知識の向上のために、社内での教育はもちろん、外部講習にも積極的に参加できるのでひとを育てる環境が整備されていると感じます。

ITでニコンを牽引

ITで新たな価値を生みだしたい

ITはどのような業種・業務・地域でも活用されるため、ニコンの発展に必要不可欠な要素です。ITの力で新たな価値をうみだし、業務・構造改革を推進することで、ニコングループ全体を牽引し発展させていくことを目標としています。
最新のIT技術や知識を習得することだけでなく、各部門の業務の方針を理解するために、グローバルな視点でコミュニケーションを多く取っていきたいと考えています。

ある一日のスケジュール

09:30 出社
いつもは9時に出社するのだが、今日はフレックスタイム制度を活用して遅めの出社。出社後はメールチェックと担当プロジェクトのスケジュール確認。仕事の状況は刻一刻と変化するので今日やるべきことの優先順位を明確にすることを心がけている。
10:00 関係部署とのミーティング
ニコングループが向かうべき方向と、ITの役割を鑑みたITの方針を関係部門と検討するミーティングを実施。追加で調査すべき項目が見つかり、外部動向の詳細を後日調べることになった。
12:00 昼食
普段は手作り弁当か購入した弁当を持ってきて自席で食事をする。昼食後はちょっとだけ自席で仮眠。
13:00 お取引先とミーティング
最新動向のキャッチアップとニコングループにふさわしいIT構造の提案を受ける。現在の状況とあるべき姿とのギャップを埋めるために頭を悩ます。
15:00 資料作成
午前中の方針検討ミーティングの結果を受けて、役員会議に提出するドキュメントを作成。ついついデザインや色合いにもこだわりを見せてしまう。
17:00 Webミーティング
ITに関するポリシーやガイドラインをワールドワイドで整合性を取るために、ヨーロッパのグループ会社とWebミーティングを実施。基本的には英語でのコミュニケーションだが、難しい内容は同僚に英語でフォローしてもらう。
19:00 帰宅
ミーティング結果をまとめ業務終了。今日は20時から会社の同僚とフットサルなので、ユニフォームやシューズの入ったバッグを背負って退社する。

情報系の主な仕事内容

  • 基礎研究 / システム設計
  • 電気・電子回路設計
  • ソフトウェア・ファームウェア開発
  • 生産技術開発
  • 製造技術開発 / 生産管理
  • 品質管理 / 技術サービス
  • 情報システム / 知財・特許
  • 上記はあくまでも参考です。さまざまな領域で活躍のチャンスがあります。