社員紹介

仕事内容の変化や出産という経験が、
自身の成長につながる。

写真1
製品企画・マーケティング
山田 由香子
映像事業部
専攻:公法
1996年入社

あたたかい社風に惹かれて入社を決意

就職活動では、メーカーを志望していました。自分が携わった製品が、使ってくれる人を幸せにしたり、生活を豊かにしたりできる仕事に、魅力を感じていたからです。活動を進めるなかでニコンに出会い、人事担当者をはじめとする社員の人柄に惹かれました。社員と社内の雰囲気に共通するあたたかさが、入社を決めた最大のポイントです。
入社してからも、「あたたかい会社」というイメージは変わりませんでした。充実した新人研修の後、カメラの営業部門に配属され、世界各地にある販売拠点のなかで北米地域の受注・出荷管理を担当しました。OJT指導員や先輩に、社会人として必要な基礎知識から、英語の文章の書き方などの実践的なことまで、とても丁寧に教えてもらったことを憶えています。

写真2

「売る」から「企画する」へ

入社から2年後に会社の組織変更があり、映像製品の販売戦略部門に異動となりました。部内の意見や販売拠点の報告をとりまとめて効率化を図る仕事は、それまでより自分で考えなければならないことが増えて、とても新鮮に感じられましたね。
さらに2年後の組織変更では同じ映像製品のマーケティング部門へ異動。製品の企画を担う部署で、業務内容がそれまでの「売る」から「企画する」へと大きく変わりました。担当したコンパクトデジタルカメラは、当時普及しはじめたばかり。前例がない分、難しいこともありましたが、可能性に満ちていて楽しかったですね。他部門のひとたちと試行錯誤して企画したおかげで人間関係も大きく広がりました。「自分が考えたものが製品化される」という学生時代からの夢も実現できました。

仕事と子育てを両立

入社から2年後に結婚し、2005年に長女が生まれました。出産の際、予定より早く入院しなければならなかったのですが、「何も心配しなくていいから」と、すべての仕事を同僚たちが引き受けてくれたことは、本当にありがたかったですね。育児休暇中は、子育てに専念できました。
当時の上限である1年半の育児休暇取得後、復帰。時間短縮勤務やフレックスタイム制度を利用しながら仕事を続けています。保育園にお迎えにいく時間が決まっているので、仕事は必ず限られた時間内に終わらせなければなりません。仕事内容を調整してくれた上司の配慮もあり、徐々に効率よく仕事がこなせるようになっていきました。仕事と子育てを両立するうえで、ニコンの制度、上司や同僚の理解はとても心強いものです。わたしの場合は、さらに夫のサポートもあり恵まれていたと思います。

写真3

母としての経験をいかして

2008年に次女を出産し、育休から復帰してしばらくしたころ、子どもも楽しめる「COOLPIX S30」という新しいカメラの企画が持ち上がりました。その際、上司に「子育ての経験と視点をいかして、チームのまとめ役をやってみないか」といわれ、企画前段階のチームでリーダーを務めました。その企画が商品化へと動き出したとき、再び上司から「プロダクトマネジャーを」と声をかけられたのです。プロダクトマネジャーは、ひとつの製品の企画から発売まで責任を持つ立場です。社内で相談したところ、「子育てしながらでは大変かも」と心配してくれる人もいましたが、企画前段階からかかわって思い入れがある製品ということもあり、挑戦することにしました。
チームには、さまざまな部署から多くのひとたちが集まっていますので、「一緒にがんばろう」という意識を共有することが重要です。簡単ではありませんでしたが、製品を一からつくり上げたという大きな達成感を味わうことができました。自分の子どもたちにも買って、宣伝も兼ねて使ってもらいました(笑)。

写真4

様々な働き方を応援したい

2013年に管理職に昇格し、2014年に現在所属する部署の課長に就任しました。主に製品企画のためのデータ収集や調査を担う部署です。さまざまな部署で仕事を経験したこと、長年企画に携わりデータを活用してきたこと、また、チームをまとめるプロダクトマネジャーの経験も、部署の運営に役立っていますね。しかし、部署を成長させるためには、自分自身もっと成長しなければと思っています。
ニコンは一人ひとりをあたたかく見て、力を引き出してくれる会社だと思います。女性に対するサポートも手厚く、女性が働きやすい職場です。2008年に次女を出産した際は、育児支援制度はさらに充実していて、保育園の入園を考慮し育児休暇が最長2年間となっていました。こうした制度を利用して、ライフスタイルに合わせた働き方で活躍する女性がますます増えてくれたらいいなと思います。

事務系の主な仕事内容

  • 経営企画・事業企画
  • 製品企画・マーケティング
  • 営業(国内営業・海外営業)
  • 調達 / 経理・財務・会計
  • 人事・総務 / 法務
  • 広報・IR
  • 上記はあくまでも参考です。さまざまな領域で活躍のチャンスがあります。