社員紹介

史上最も精密な機械と称される、
露光装置の開発に携わる誇り。

写真1
機械・機構設計
藤井 麻起子
半導体装置事業部
専攻:機械
2012年入社

半導体露光装置の開発に誇りを持つ

わたしは半導体露光装置の機械設計を担当する部署に所属しています。現行機種の機能向上、および次世代の装置の開発を行っています。そのなかでわたしは、ウェハとよばれる基板を搬送するユニットの開発メンバーとして、制御系やソフト開発のメンバーと一緒に機構設計や解析、実験をしています。パソコンやスマートフォンなどの身近な製品に、ニコンの露光装置で製造された半導体が使用されていると思うと、とてもやりがいを感じるとともに、史上最も精密な機械と称される露光装置の開発に自分が携わっていることに、誇りを持っています。

写真2

大学時代とは異なる分野の開発

大学では手術時に使用する医療機器の開発を行っていました。半導体露光装置とは異なる分野のため、大学時代の研究内容を直接業務でいかせることはほとんどありません。しかし、基礎的な知識は役に立っていると感じています。入社後は、技術系の研修を経て、3D-CADによる図面作成からはじまり、実験なども行うようになりました。実験も学生時代とは異なり、製品化するための明確な達成基準をみんなでクリアしていきます。こうしたなかで、仕事に対する取り組み方を学びました。

はじめての設計を通して得られた達成感

入社1年が過ぎたころ、新機種に搭載するウェハの位置の計測を担当しました。製品にかかわる設計ははじめてでしたが、関係するメンバーと打ち合わせを重ね、なんとか形にすることができました。組み上がったユニットで、求められている仕様通りの計測画像が得られたときにはとても達成感がありました。わからないことをわからないままにせず、いろいろなひとに相談すること、納得のいくまで質問することなどコミュニケーションの大切さを学びました。

写真3

チーム一丸となって高性能化を実現

わたしは、2012年入社ですが、設計業務を進めるうえで知るべきことがまだまだ多く、そのたびにチームのメンバーに確認をしています。先輩は持っている知見を丁寧にわかりやすく教えてくれ、的確なアドバイスや指摘をしてくれます。一方、開発業務では、お客様から求められる高いスペックを実現しながら、より信頼される製品にするため、どのように検証するのかを徹底的にチームで議論し、実践しています。チームとしてのいい関係があるからこそ、最新鋭の装置が形になっていくのだと感じています。

極限の技術に挑戦!!

目標は専門知識に精通した設計者

新機種に搭載する要素開発の検討に着手したところなのですが、これまで以上に高い性能が求められており、解決すべき課題が何なのかというところから議論をはじめたばかり。解析チームと協力しながら、新しい発想でチャレンジして実現させたいですね。また、いくつもの機能が搭載されているウェハを、搬送するユニットの設計を手掛けながら、将来的には装置のコンセプト検討チームで力が発揮できたらと思っています。各分野のスペシャリストの知識をまとめて、開発を進められる設計者になりたいです。

ある一日のスケジュール

09:00 出社
フレックスタイム制度を利用して少し遅めに出社。出社したらまずメールをチェック。急ぎの用件や重要な情報がないかを確認。関係会社からの問い合わせなどには迅速に対応。本日のスケジュールを再確認。
09:30 3D-CADでモデリング
先週からはじめている新しい試作についてラフモデルを作成。機能を満たすことはもちろんのこと、コストや加工性、周辺部品との位置関係や、組み立て・調整作業性などいろいろなことを考慮し形を決定していく。
12:15 昼食
同期の仲間と製作所内の食堂でランチを楽しむ。普段はお弁当持参。何気ない話題から、業務でわからないことなどを気軽に話せる仲間がいて助かる。
13:00 チーム内ミーティング
新機種についてミーティング。進捗状況や評価結果の報告を行い、みんなで議論する。いろいろなひとの意見を聞きながら、今後の方針を決定。メンバーそれぞれのスケジュールを確認して打ち合わせ終了。
15:30 実験
クリーンルームで、担当している試作ユニットを使っての実験。どんなデータが必要なのかを意識しながら、実験計画に沿ってデータを取る。あとで報告書にまとめるときにわかりやすい資料になるように心がけながら作業する。
19:00 帰宅
日報を提出して業務終了。久しぶりに製作所の敷地内にあるテニスコートでテニスを楽しんでから帰る。

機械系の主な仕事内容

  • 基礎研究 / システム設計
  • 機械・機構設計
  • 制御・計測技術開発
  • 加工技術開発 / 生産技術開発
  • 製造技術開発 / 生産管理
  • 品質管理 / 技術サービス
  • 知財・特許
  • 上記はあくまでも参考です。さまざまな領域で活躍のチャンスがあります。