人事制度

ニコンがめざしているのは、自立型プロフェッショナル集団。それは、社員の能力や意欲、個性を十分に引き出し、活かすことにより実現できると私たちは考えています。

株式会社ニコンの人事制度は、賃金制度に関連する“職能資格制度、人事考課制度、昇格・昇級制度”とキャリア開発や育成、納得性向上の仕組み(目標面接制度/評価・評定の通知/人事考課フィードバック制度)を有機的に連動させることで、社員一人ひとりのキャリア開発と目標達成を支援し、豊かで充実した生活を実感できるよう構成されています。

職能資格制度

職層ごとに職能資格基準が設定され、それに基づいた育成、評価、処遇を行う制度です。
この職能資格基準に基づき、さらに具体的な能力指標が定められ、この指標をガイドラインとして、社員はさらなるスキルアップをめざしていきます。

[図1]

複線型人事制度

複線型人事制度とは、組織の運営やマネジメントを担う“管理職”と、ある分野で優れた知識や技術を発揮する “専門職”の両者を視野に入れた人事制度のことです。例えば、チームを率いて成果に貢献したいと考えるマネジメント志向の方や、生涯現役プレイヤーとしてその道を極め、専門家として成果に貢献したいと考えるスペシャリスト志向の方、それぞれの志向にあわせたキャリアパスを選択できるよう複線化しています。

入社後、キャリアを重ねる中で管理職・専門職のいずれかを選択し、めざしていくことができます。

[図2]

プロフィール制度

年に一度、社員がこれまでのキャリアを振り返り、「将来の自分のありたい姿」について考える機会を設けています。今までの経験を生かして、どんな職務にチャレンジしてみたいのか、また、どのようなスキルを習得したいのかといった具体的な目標を設定。必要に応じて上司と面談し、今後のキャリアに繋げていきます。

キャリア・カウンセリング

社員のスキルアップやキャリアアップを支援する制度です。社内外のカウンセラーが相談に応じ、今後のキャリア形成に最適なアドバイスをします。

社内人材公募制度

新規プロジェクトの立ち上げや事業拡大など、各部門が新たな社員を必要とした際、公募により“チャレンジ精神”旺盛な社員を採用する制度です。全社員を対象としているため、所属部署は不問。部門長の面接により、人材が決定します。