高い機動力、操作性を発揮する

1.4倍テレコンバーター内蔵の超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」を発売

2018年1月9日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の、1.4倍テレコンバーター内蔵超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」を発売します。

「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」は、FXフォーマットで180mmから400mmまでの幅広い焦点距離をカバーする超望遠ズームレンズです。さらに、ニコンの一眼レフカメラ用NIKKORレンズで初めてテレコンバーターを内蔵。その1.4倍のテレコンバーターを使用することで、超望遠560mmまで焦点距離を拡げることができます。

また、操作性は、プロフェッショナルフォトグラファーの撮影現場におけるニーズに即した使いやすさを実現。内蔵テレコンバーター切り換えレバーは、カメラのグリップを握ったまま操作できるので、ファインダーを覗いた状態で即座に焦点域を252-560mmへ切り換えることができます。そのほか、ベアリングを採用し縦横の構図変更がスムーズにできる三脚座リング、三脚座をホールドしたままでも操作がしやすいズームリングなど、姿勢を変えずに撮影できるよう配慮しています。さらに、テレコンバーターを内蔵しながらも質量約3500gを実現しているほか、優れた防塵・防滴・防汚性能を搭載し、高い機動力を発揮します。

レンズ構成には、蛍石レンズ1枚、EDレンズ8枚を採用。最新の光学設計で、絞り開放から高画素デジタルカメラに対応した高い解像力を実現します。また、ナノクリスタルコートをはじめとする低反射コーティングの採用により、ゴースト、フレアを抑えたクリアーな画像が得られます。
そのほか、内蔵テレコンバーターの使用時・非使用時にかかわらず、手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)を実現。VRモードには[SPORT]モードも採用しており、スポーツシーンをはじめとした動体の撮影時にも安定したファインダー像での撮影が可能です。

高い機動力、操作性と最新の光学性能により、フィールドスポーツをはじめとするプロフェッショナルフォトグラファーのアクティブな超望遠撮影を強力にサポートします。

発売概要

商品名 「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」
希望小売価格 ¥1,472,000(税別)
発売時期 2018年3月9日予定

主な特長

主な仕様

焦点距離 内蔵テレコンバーター非使用時:180-400mm
内蔵テレコンバーター使用時:252-560mm
最大口径比 内蔵テレコンバーター非使用時:1:4
内蔵テレコンバーター使用時:1:5.6
レンズ構成 19群27枚(EDレンズ8枚、蛍石レンズ1枚、ナノクリスタルコートあり)、他保護ガラス1枚(フッ素コートあり)、内蔵テレコンバーター5群8枚
画角 内蔵テレコンバーター非使用時:13°40′-6°10′
(FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
内蔵テレコンバーター使用時:9°50′-4°30′
(FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
内蔵テレコンバーター非使用時:9°-4°
(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
内蔵テレコンバーター使用時:6°20′-2°50′
(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
寸法 約128mm(最大径)×362.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約3500g

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。