脳神経ネットワークの解明など、研究の最前線をサポート

生物顕微鏡用対物レンズ「CFI90 20XC Glyc」を発売

2017年11月9日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンインステック(社長:木村 高、東京都港区)は、脳神経に関する研究分野において有用な、透明化処理※1を施した標本の観察に対応した生物顕微鏡用対物レンズ「CFI90 20XC Glyc」を発売します。「CFI90 20XC Glyc」は、高速多光子共焦点レーザー顕微鏡システム「A1 MP+ / A1R MP+」専用の対物レンズです。
「CFI90 20XC Glyc」は、広視野のため、広範囲を効率的に観察できます。色収差補正と、高い透過率により、標本の表面から深部まで、観察に最適な画像取得が可能です。また、長作動距離※2を実現し、大型標本の観察に対応。脳神経ネットワークの解明など、研究の最前線をサポートします。
なお、本製品は、「Neuroscience 2017 - Society for Neuroscience(北米神経科学会議)」(11月11日~15日、於:米国 ワシントンDC)に出展します。

発売概要

商品名 生物顕微鏡用対物レンズ 「CFI90 20XC Glyc」
価格(税別) 2,000,000円
発売時期 2017年11月末

開発の背景

バイオサイエンス分野では、生体組織の深部や、透明化処理を施した脳や臓器の標本を観察、研究するニーズが高まっています。このようなニーズに対し、高速多光子共焦点レーザー顕微鏡システム「A1 MP+ / A1R MP+」専用の「CFI90 20XC Glyc」を開発しました。広視野な観察と、標本深部における鮮明な画像取得により、研究をサポートします。

主な特長

1. 広視野と高い開口数(NA)を両立

同焦点※3を90mmに拡張することで、開口数(NA)が大きく、明るく高い描写性能を実現しました。また、広視野のため、広範囲を効率的に観察できます。

2. 色収差補正と高い透過率を実現

高速多光子共焦点レーザー顕微鏡システム「A1 MP+ / A1R MP+」で用いる約700nm~1,300nmの近赤外域に特化して、色収差を補正しました。ニコン独自の成膜技術であるナノクリスタルコートを採用し、高い透過率を実現。標本の表面から深部まで、観察に最適な画像取得を可能にします。

3. 大型の標本観察に対応

作動距離(WD)8.2mmを実現し、大型の標本観察に対応しています。切断した脳切片のみではなく、脳の全体を広範囲に顕微鏡で観察することが可能です。

4. さまざまな屈折率の透明化試薬が使用可能

透明化試薬の種類により異なる屈折率の変化(1.44~1.50)に対応する、補正環機能を搭載。観察深度や温度の変化によって生じる球面収差を補正し、常に良好な見え味が得られます。さまざまな研究に応じて、最適な透明化試薬を用いた研究開発を可能にします。

主な仕様

型式 CFI90 20XC Glyc
倍率 20X
開口数(NA) 1.0
作動距離(WD) 8.2mm
同焦点 90mm
補正環 有(浸液屈折率補正)
浸液屈折率補正範囲 1.44~1.50
対応顕微鏡 正立顕微鏡 Ni-E, FN1

画像例:高速多光子共焦点レーザー顕微鏡システム「A1R MP+」と、生物顕微鏡用対物レンズ「CFI90 20XC Glyc」を使用してマウスの脳を撮影し、スティッチングにより結合。

[写真]

黄色蛍光タンパク質(YFP)の蛍光で標識した、形質転換マウス(YFP-Hライン)から全脳を取り出し、透明化処理を施した。
撮影ご協力:Alan Watson PhD, Simon Watkins PhD, Center for Biologic Imaging, University of Pittsburgh

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。