高い機動性で望遠撮影が気軽に楽しめる

ニコンFXフォーマット対応の望遠ズームレンズ「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」を発売

2017年7月11日PRESS RELEASE/報道資料

[写真]

株式会社ニコン(社長:牛田 一雄、東京都港区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の望遠ズームレンズ「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」を発売します。

「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」は、70mmから300mmまでの幅広い焦点距離をカバーする、約4.3倍の望遠ズームレンズです。
ステッピングモーターの採用により、高速かつ静粛で滑らかなAF駆動を実現しており、動画撮影時などレンズの駆動音が気になる場面でも、快適なAFが可能です。
また、手ブレ補正効果4.5段(CIPA規格準拠)のVR機構を搭載。VRモードには、主に超望遠レンズに採用している[SPORT]モードも採用しており、スポーツシーンなど動きの変化が激しい被写体を狙う場合でもファインダー像が安定し、思い通りの構図で撮影できます。
300mmまでの焦点距離をカバーする望遠ズームレンズでありながら、質量約680gの軽量設計のため携行性に優れており、手持ちで軽快に望遠撮影が行えます。
また、防塵・防滴に配慮した設計を施しているほか、滑らかに回転するフォーカスリング、ズームリングでスムーズな操作感を実現するなど、ユーザーが快適に撮影できるよう、使いやすさにもこだわりました。

「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」は、自在に望遠撮影を楽しみたい幅広いユーザーの撮影意欲を、高画質、高性能と優れた機動性でサポートします。

発売概要

商品名 「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」
希望小売価格 ¥94,000(税別)
発売時期 2017年7月28日予定

主な特長

主な仕様

焦点距離 70mm-300mm
最大絞り 焦点距離70mm時:f/ 4.5
焦点距離300mm時:f/ 5.6
レンズ構成 14群18枚(EDレンズ1枚)
画角 34°20′-8°10′(DXフォーマット時22°50′-5°20′)
寸法(大きさ) 約80.5mm(最大径)×146mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量(重さ) 約680g

カメラによって使用に制限のある場合があります。詳細は、以下製品ページをご覧下さい。

こちらに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。販売が既に終了している製品や、組織の変更等、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。